評判の良いバリアスコート使ってみた

梅雨にも負けず今日曇り、明日晴れと言う天気予報を見て洗車して来ました。
毎週洗車して合計1000円くらい払ってしかも2時間以上もかけてと言うのは相当暇人だなぁと自分でも最近思ってます。
TRIZがほぼ空になったので、いろいろな場所で評判の良いWAKO’Sの「バリアスコート」を使ってみました。
効果は最長6ヶ月と言う事なのでTRIZより長いです。
image_001.jpg
100612_125919.jpg100612_125618.jpg
1回目に塗ったときはこんな感じ。
100620_172359.jpg
2回目に塗ったときはこんな感じ。
ムラに見えるのは雲ですw曇っていたのでこっちの方が色が濃く見えます。
100k601_141802
ちなみにこれがTRIZの画像。
画像だと良く分からないですが、バリアスコートの方が濡れた艶になります。
知り合いにも前もっと明るい青だったじゃんなんて言われたから間違いない。
これは完全に好みですがWAXの艶に近いバリアスコートの方が自分は好きです。
やっぱりしっとりした艶って手入れしてる車って感じがしていいですね。
両者自慢のキズ隠し効果はどちらも同じような感じですかね。
キズクリヤー塗った後にそのコーティングとしてどちらかを塗る方がよっぽど良いです。
一番差があると思ったのは汚れ安さです。
TRIZはすぐ汚れるけど、バリアスコートは汚れにくいです。
素人目に見てもはっきりわかるくらい違います。
青空駐車なので汚れにくいってのはものすごいでかい。
撥水についてはTRIZが施工1週間大きい水玉を作るのに対しバリアスはWAXのように小さい水玉を作ります。
これは今の流行から言ってTRIZの方がいいんでしょうね。
自分は水をきちんと流してくれるならどっちでもいいですw
塗り方については、どちらも濡れたまま施工出来るのですがバリアスコートの方が圧倒的にムラになり易いです。
付属のセーマで大まかに塗って、99のマイクロセーマでムラが出来ないように一生懸命擦ってます。
更にウォータースポットが全然落ちないので水が乾く前に塗りきらないといけないスピード勝負w
これを思うと半練りのWAXやTRIZがムラになりにくく、そして汚れを落としながら塗ってくれるかがわかりました。
バリアスコートを塗るコツとしては予想以上に少量で良いと言う事と兎に角セーマの面を変えつつ塗ると言う事でしょうか。
初めてやったときは塗れてるのかわからずつけすぎたみたいで酷いムラになり大変なことになりましたw
こんな感じで予想以上に塗るのが大変だったバリアスコートですが汚れにくいが為にこれ使ってますw
他にこれくらい汚れにくくて艶のいいものがあると信じて次は別のもの買ってみます。
とは言ってもしばらくの間これが持っちゃいそうですが…
取り敢えず今日もピカピカになったんで満足です。
どうせ明後日には雨なんですけどねw



にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る