Amazon Fireタブレット ファーストインプレッション!【激安4,980円!】

皆様こんにちは。

先日AmazonのFireタブレットを購入しました!

 

購入の経緯

本は紙媒体!と心に誓っていたのですが、漫画や文庫本、参考書は電子書籍で良いのではないかと最近思うようになってきました。
私が本を長時間読むときは通勤時、出張時です。 
又、ITエンジニアのかばんの中はノートPCやケーブル類、提案書が常に入っていたりして割りと大荷物です。
そんな中漫画を数冊買ってしまうとかばんが溢れてしまうので、とても本を数冊も持っては歩けないんですよ。
しかし、毎日片道1時間以上電車に乗っている身としては漫画1冊では到底足りません。
足りないのに、大量に持ち歩けないこのジレンマ…
これを打破できるのがFireタブレットと言う結論に辿り着きました!

ちなみに将棋の本や本当に名作だと思った作品は今でも紙媒体が一番だと思っています。(プレミア価格になりますし)

ファーストインプレッション


Jpeg

梱包

ご覧のように非常に簡素なパッケージで届きます。
どう見ても精密機械の梱包ではありませんww
液晶には保護フィルムすら貼られていないので最初から画面に埃が付いています。
保護シートを貼る際はエアダスター必須です!

付属品

本体+充電器+説明書とごくごく一般的な付属品です。
私は4,980円の本体に加えて以下の商品を同時購入しました。
 保護シート1,300円
 純正カバー2,680円
 SDカード(同時購入20%Offにつられて)2,690円
なんだかんだで1万円以上の出費となってしまいました…
純正アクセサリーが本体と比較して高すぎます!

解像度について

解像度が1024*600と最近の端末とは思えないほどの低解像度だったので気にしていましたが、
実際に使ってみると全く気になりません。
7インチで読書をすると考えた場合、高解像度は必要なさそうです。
むしろ字が大きくて老眼のおじさんには見やすいです。

重さについて

現行のタブレット同士で比較するとサイズ、スペックの割には重たいです。
電車の中で片手キープを長時間は男性でも多少きついです。
基本的に椅子に座った使い方を想定しておいたほうが無難ですね。

良いところ

安い!

Amazonプライム会員であれば8,980円のところ。。。なんと!!!4,980円で購入可能です!
ちなみに本自体も紙媒体より安いことが多いです。
又、ポイント還元などもあるのでちりも積もれば的なお得感がありますよ!

IPS液晶!

この価格帯では通常ありえないIPS液晶です。
これは安価なTN液晶と違い自然な色合い、圧倒的な視野角があります。
現状の普及品としては高価で、高画質の液晶になります。

初期設定済!

なんと届いた時からアカウント設定がされています。 
便利ですが、誤配送された場合知らない人が課金まで出来てしまう恐ろしいシステムです。
セキュリティ面を捨ててでも利便性を取るところは日本的では無いですが、私は気に入りました。

さくさく!

4,980円のタブレットとは思えないほどサクサク動きます。
動画再生も問題ありませんし、EvernoteやFeedly、Twitterアプリなんかもサクサクです。
家の性能怪獣Zenfone2よりサクサクなので衝撃的でした…

プライム会員特典が強い

プライム会員の特典は常にお急ぎ便送料無料が一番の目玉と思いますが、
最近は以下のサービスも開始されています。
Fireタブレットと非常に相性の良いサービスなので是非とも活用してみて下さい。
・Amazon プライム・ビデオ‎が無料で見放題
・月に1冊Kindle本が無料

悪いところ

GPSが無い

GPS機能が無いのでせっかくのタブレットですがナビ代わりには出来ません。
車のナビをスマホで代用している現状があるので個人的には一番の不満ポイントです。

googlePlayのアプリが使えない

FireタブレットへはAmazonのAppStoreからアプリがインストール出来ません。
それなりに充実はしていますが、どうしても品揃えでgooglePlayには負けてしまうので
割りきった使い方が求められています。

アクセサリー類が本体価格比率で見ると高額

純正のカバーはなんと2,680円!
事故補償プラン(2年)は1,880円です。

本体の価格が4,980円なので半額近いです。
2年補償で本体価格の半分近く取られたら誰も入らない気がします!
保守費用の相場は1年間あたり本体価格の10%程度でしょう。

モノラル

せっかく映画が見放題なのですが、音がモノラルです。
上位機種はドルビーデジタルなんちゃらみたいなステレオになるのですが…
音楽や映画メインの使い方をする場合には良く考慮されたほうがよいと思います。

Fireタブレットはあくまでも本を読み、映画を軽く楽しむものと割り切るべき

上記の悪いところに概ね書いてあると思いますが、FireタブレットはあくまでもKindleの上位機種の位置づけです。
Androidタブレットと思って購入すると後悔する可能性が高いです。
読書、映画(軽く見る程度)メインでおまけとしてEvernoteやパズドラが出来ると考えればいろいろな不満も消えてなくなると思います。

総評として、この価格でこのサクサク感、IPS液晶は現状競合製品が現れていないこと、
普段の快適ライフが4,980円で手に入ることを鑑みると間違いなく良い買い物と断言出来ます。


リンク先に表示されるクーポンコードを入力すると4,000円引きになります。

ダンボールに偽装したおもしろカバーもあります!

  
それではみなさまも楽しいKindleライフを!

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る