NCロードスターにチェーン装着 バイアスロン クイックイージー

お久しぶりです。
2014年の頭にロードスターで本格的な積雪道路に挑戦しました。
軽量FRと言うことで毎年逃げていましたがどうしても冬の白川郷が見たくなってしまい頑張りました。
装備はノーマルのラジアルタイヤに樹脂製チェーン(バイアスロン クイックイージー)です。

 

なぜスタッドレスではなくチェーンにしたのか

南関東にいると雪は年に1回くらいしか降らないですし、
雪の時点で交通網が麻痺し、事実上の出勤停止状態になるので雪道を走行する機会もありません。
その為にスタッドレスを履くのは流石にコストパフォーマンスが悪すぎるのでチェーンと言う選択をしました。

NCロードスター バイアスロン クイックイージーのレビュー

結果から申し上げるとほぼ全く問題なく走行できました。

NCロードスターでタイヤサイズが205/50R16の人も205/45R17の人もバイアスロン QE10が適合サイズになります。

NCロードスターに装着したバイアスロン クイックイージーの外観

DSC02536sasa.jpg
こんな感じです。
かなりの数のスパイク(鋲)がついていて非常に安心感があります。

NCロードスター バイアスロン クイックイージーの装着性

金属チェーンに比べたら数倍簡単で、メーカーが謳っている55秒とは行きませんが数分あれば装着可能です。

因みに私のロードスターはローダウンしていてタイヤの裏に手がまわらないので、
片輪ずつジャッキアップしながら作業する必要がありました。
それでも10分未満で装着は出来ます。

手がかじかまない、そこまで汚れないで装着出来るのは非常に素晴らしいです。
実際に雪を目の当たりにした状態で30分もチェーンの装着に時間をかけていたら
寒さでギブアップですよ。

>NCロードスター バイアスロン クイックイージーの走行性

実際のところ装着後雪道になっている箇所はここの近辺1Kmくらいと道の駅の駐車場ぐらいで大半は普通の路面状態でした。

・雪道の走行性
非常に安定感があります。
30cm未満の積雪しか体験出来ていませんが、全く問題ありませんでした。
又、凍っていてアイスバーンに近い状態になっている路面もありましたが、
こちらも問題ありませんでした。

相当な積雪の場合はチェーンより先にフロント側のグリップ不足で左右のコントロールが効かなくなると思われます。
駆動輪はそれくらいの安定感がありました。

Autosockと言う簡易的なチェーンも持っているのですが、それとは比べ物にならないくらいの安定感でした。

・通常路面の走行性
金属チェーンよりは数段マシです。
とは言え、吸盤でくっついているものがあれば剥がれ落ちてくるくらいには振動があります。
思わずあーーーー(ガタンゴトン)と言いたくなるくらいです。
要するに雪の無い路面で履き続けるのは非常に厳しいものがあります。

最高速としては40Km/h~50Km/hが限界でそれ以上だと滑り出します。
とてもスタッドレスのスピードには敵わないので10台以上の車をひたすら抜かせ続けながら白川郷を目指して走っていました。

NCロードスター バイアスロン クイックイージー総評

グリップ力、装着性は非常に優れています。
軽量FRと言う一番雪道に向かない車でも問題なく走行することが出来ました。
装着性、走行性とグリップ力のバランスを考えれば第一候補に入れても良いのではないかと思います。

走行性とグリップ力だけをとるならサイルチェーンなんかも評判が良いですが、
装着が非常に手間なので、山奥のスキー場を目指すとかで無ければ間違いなく後悔します。

おまけ

DSC02538asas.jpg DSC02546sasasa.jpg
道の駅、白川郷(和田家)はこんな感じで道路以外はやっぱり積雪がすごいです。
ライトウェイトだからやFRだからとビビらないで行ってみると思っている以上にしっかり走ることがわかりました。
それだけの価値がある冬の白川郷にも初チャレンジ出来ましたし。
同じように躊躇されている方は是非チャレンジしてみてください!
保証はしませんよ。own riskでお願いします。

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る