To LOVEる12巻と文学少女と死にたがりの道化

FPSを殆どやらずに毎日将棋三昧の不知火で御座います。
ToLOVEる第12巻が出ましたね。今回は表紙がオレンジなので少し買いにくいですw
噂だとジャンプでの連載危機に立たされている様で…
私の単行本の購入により少しでも連載が長引けばと思っておりますw
本当にやばくなったらジャンプ大量購入してアンケートにToLOVEるが1番面白いって書きまくりますw
12巻は久しぶりにすごい面白かった!
ToLOVEるはやっぱりこのくらいエロくないとw
1人でキャーとかヒョーとか奇声を上げながら読んでました。
でもララの姉妹2人によって登場人物がまた増えたのがちょっと微妙かな。
登場人物を増やしすぎて自滅ってパターンは良くある話なので避けてもらいたいw
もう一つはこのライトノベルがすごい2009でダントツの1位だった文学少女シリーズ第1巻、
文学少女と死にたがりの道化。
本が好き過ぎて本を食べてしまう文学少女と元覆面ミリオンセラー美少女作家(作家名井上ミウ)の心葉君(男)のお話みたいです。
上の説明がもう意味わかりませんねw詳しくは本を読んで下さい><
1巻は人間失格を軸に非常に面白い推理小説?みたいに仕上がってました。
人間失格は読んだ事がないんだけど、人間失格にも興味を持っちゃうくらい面白いです。
というかこれは文芸本としても売れるんじゃないのか?ラノベって感じではない。
俺的おすすめ度No.1の狼と香辛料と同じくらい非常に面白いです。
こんなに楽しい本を知らずにとらドラ!全巻買ってる場合じゃなかった。超おすすめ!

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る