【セブ島】海外旅行でのGoPro盗難対策【マクタン島】

皆様こんばんは
今度海外旅行に行くことになりましたのでそれにちなんだネタを書きたいと思います。

私が今回旅行を予定している場所はフィリピンのセブ島、マクタン島と呼ばれる場所です。
フィリピンの中では治安が良い場所なのですが、
外務省の 危険情報・スポット情報・広域情報を見る限りは治安が良い場所とは思えません。
特にスリやボッタクリなどの被害が多いようですので、
手持ちのGoPro HERO5 BLACKを盗まれないための対策を色々と講じてみました。

実際にこれ全て装備した状態でフィリピンの街中を歩いてみましたが、
見た目からして警戒しすぎな人なので明らかにスリの対象からは除外されていたように思えます。
ここまでやれば初心者日本人の観光旅行でも安心だと思います。

GoPro HERO5 BLACKの盗難対策装備

以下に盗難対策グッズを並べてみました。
私の考えた最強のグッズたちです!

1.GoPro用 自撮り棒

Velbon 自撮り棒 ウルトラロック ULTRA STICK SELFIE

三脚メーカーのVelbonの自撮り棒です。
自撮り棒は値段と丈夫さ、品質がほぼイコールに比例しますので盗難防止を考えるのであれば極力丈夫なものにすると良いと思います。
この製品は棒がアルミでできており、限界の73cmまで伸ばしてもグラグラすることがありません。
ベルトも付いているので手に巻き付けているだけでも盗難のリスクは大きく減らせます。

何年も発売されているベストセラー的製品ですが、現時点でもこれより丈夫な自撮り棒はないと思います。
それくらい頑丈です。

尚、GoProで使う場合には以下の専用アダプターが必要です。
Sonyのアクションカメラや通常のデジタルカメラであればこの自撮り棒のみで問題ありません。

2.GoPro HERO6 5 4 3 2 1用アルミ三脚マウントアダプター

Smatreeアルミ三脚マウントアダプタ

アルミのマウントアダプターです。
樹脂製と違い折れる心配をあまりしなくてよいですね。
クイックリリース機能が付いておらず、樹脂製品でもありませんのでネジを外さない限り取られることは無いと思って大丈夫です。
クイックリリース機能は普段は便利ですが、盗難対策においては最悪の機能ですのであえて不便なこの製品にしました。

3.GoPro用 アタッチメント

REC-MOUNTS 回転式 クリップマウント REC-B53

こちらは自撮り棒を使えないシーンのときに使いました。
クリップですのでリュックの肩紐などにつけておく感じになります。
流石に体の正面であれば盗難の可能性は非常に低くなります。

クリップは樹脂製ですが他の製品と違い非常に噛む力が強いです。
力のない人だとクリップの口が開けられないかもしれませんw
ここまで噛む力の強い製品は中々ありませんのでおすすめです。

4.GoPro用 追加の盗難対策

Smatree カメラ安全ロープ ステンレス鋼ロープ 約84CM +1 PCブラックネジ

ネジに専用のケーブルをつけることでベルトやカラビナなどとGoProを結びつけることが可能です。
これにより仮に自撮り棒やクリップごと取られるような事態に陥っても問題ありません。
細いワイヤーですが非常に丈夫なので手でちぎられるようなことはありえないです。

高品質 日本製 Wカラビナ ステンレスワイヤー入 2.5φ 太タイプ 耐荷重10kg コイル

耐荷重10Kgもある丈夫なケーブルです。
安物のワイヤーですと手で思いっきり引っ張るとちぎれてしまうようなものが多い中この製品は非常に丈夫でまずちぎれません。
GoPro本体とベルトなどの結びつけは上記のGoPro用ワイヤーで可能ですが、自撮り棒とベルトや財布とベルトなどその他のものをガードする為に買いました。
両側にカラビナがあるので大概のものは連結可能で非常に利便性が高いです。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ポジトロン・スクリューゲート BD10530

登山用のロックスクリューが付いたカラビナです。
よくあるファッション用のカラビナとは訳が違います。
大人1人を必ず支えられる強度がありますので、そう簡単に壊されて盗まれるようなことはありません。
かなりごついカラビナでしたのでもう少しファッション寄りのカラビナでも良いかもしれません…
ちょっとやりすぎた感があります。

5.GoPro 盗難対策の総評

私は以下の点に注意して盗難対策を講じました。
1.強度…基本的に金属製品を使います。 樹脂だと折られて盗まれる可能性があるからです。
2.冗長性…1つ目が壊されても2つ目の盗難対策によりガードしようと考えて準備をしました。
基本的に1つの製品に対してケーブルやワイヤーを2本、体の左右につないでいます。
3.標的にされない…この盗難対策をアピールすることでターゲットから排除してもらいます。
又、服装も現地人に溶け込むことを最優先に考えています。

これでスリが当たり前のように横行しているフィリピンからGoProを盗まれずに帰ってこれるか。
後日必ず結果報告をします!
→そもそもスリをされそうにすらなりませんでした!
ボッタクリや大量の勧誘には遭いましたが、思っていたよりも治安は良かったです。
これだけの装備をしたのでターゲットから外された可能性もありますが、観光地を回るだけならここまでやらなくても大丈夫そうです。
他の観光客もここまでやっている人はいませんでしたw

“20170702追記”
マリンスポーツをやる場合にはGoPro本体の防水に頼らず以下の専用ハウジングを買ったほうが良いです。
パラセーリングではエンジントラブルに見舞われますし、ジェットスキーではものすごい勢いでかっ飛ばすので
GoProはありえない勢いで水にぶつかります。
普通の防水では浸水する可能性大です。

防水ケースも色々出ていますが、クリティカルな部分なのでGoPro社の正規品を強く推奨します。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る