ひぐらしのなく頃に聖地巡礼4 ひぐらし編 後編

  • 2010/08/30
  • 2016/04/26
  • Drive
  • 0件

聖地巡礼の続きです。
通り道と観光名所ばかり寄って、その通り道にあるものを撮ってきたんだけど予想以上に沢山撮れてビックリしました。

めっちゃくちゃ枚数が多いですがこれが古手神社です。
ひぐらしで出てくるほどは大きくない神社ですが、村では一番の大きさを誇ってました。
正式名称は白川八幡神社と言います。
これも有名な神社なので場所はすぐわかると思いますよ。
ちなみにこの神社の博物館でどぶろくを頂きました。
4枚目は記憶を頼りに撮った為左右間違えてしまったので無理やり反転させましたXD
最後の写真はおまけの絵馬です。
外国人はこれを笑顔で一枚一枚ズームで撮ってました。
同じ日本人としては日本のイメージ終わったと思い、非常に恥ずかしかった。
外国の方にこの絵馬について聞いてみたんだけど可愛いと印象はかなり良かったです。
実際の絵馬をこれと勘違いされたら困るけどそういった説明が出来るほど英語が話せないのでお別れしてきましたw
続きがかなりあるので読んで頂ける方は追記をクリックして下さい。

これは綿流しに使っている川です。
出会い橋というバスで行った際は確実に通る村の出入口にある場所なのでこれもすぐわかると思います。
本当は川辺に降りて取らないと行けないらしいが丁度サイレンが鳴ってダムの水を放水したから近寄るな!って言われてしまいました。
仕方がなく橋の上から撮影しているので全然違います。
実際には戦争に負けた為、村が沈んで出来た御母衣ダムが上流にあります。
このため水流はかなり速く、ゲームと違って綿なんかあっという間に見えなくなっちゃいますよw

これは魅音との待ち合わせ場所です。個人的にかなり印象に残ってます。
これは合掌造り園入ってすぐ左の水車小屋なので本当にすぐわかりますよ。

これは合掌造り園のどこかにあった鞍です。
おそらくこれを拷問器具として描いたのでしょう。
次行く時に角度も合わせて撮り直しかな。

これは村内の集会に使われていた場所だと思います。
これも合掌造り園の「中野義盛家主屋」で撮った写真です。
角度が違いますがおそらくこれでしょう。
どうやらこの家に集会の他の写真もあったらしいけど全然わからなくて撮れませんでした。

これは多分園崎庭園。
合掌造り園出口付近にあります。
完璧に撮れる場所が全然わからないし、そもそもこれで合っているのかすらわかりませんが一応これと言う事に。
あまりにも見つからないからここを1時間以上かけて3周し、やっと似たような場所を発見w

これらは村の南東にある合掌造り園という場所で撮れる写真です。
入場に500円払うと、その中の舗装されていない道と合掌造りの家が9つくらい固まって建っている本当に昔ながらの街並みが現れます。
最後の写真は魅音との待ち合わせ場所付近にあったおまけ。
地下女将軍の横に地下への入り口があってゾッとしました。
ここが地下祭具殿なのか?((´д`))
一応ここまでがなんとか徒歩で回れる圏内です。
前原屋敷、祭具殿は白川郷より北に1Km程の所にあり他のものは全て白川郷内にあります。
これ以降は南に20Km程度行かないと行けないので車じゃないとまず無理でしょう。

ここが雛見沢ダムの場所です。
他にレナが告白した場所などもあるようですが奥は立ち入り禁止区域の為撮影を断念してきました。
まだ日の出直後くらいなので霧がすごく上手く撮れませんでした。
白川郷から南に20キロ弱の所にあり正式名称は「御母衣ダム」です。
ダムなので問題なく見つかるでしょう。
一番下の写真を見て頂ければわかると思いますが、ただいま絶賛工事中の為、この結構手前から結構奥までの区間が一通になっております。
信号待ちの時間はなんと5分強くらい。
丁度この区間にあるため信号の時間をきちんと計算して出発しないと正面衝突することになるので細心の注意を払って下さい。

ここはダム建設凍結の記念碑です。
実際にはダムが建設されてしまったのでそれを思う記念碑となっております。
文面はダムが建設される経緯や村を思う気持ちなどが昔の文章で綴られています。
必死に読んできたが文が結構難しく、そこらの私みたいな一般人じゃ苦労しそう。
場所は「御母衣湖畔オートキャンプ場」と言う場所を目印にその通りを北へ少し進んだところにあります。
カーナビには記念碑の場所までは乗っていないので探すのに苦労しました。

これは沙都子に圭一が突き落とされた吊り橋です。
そして鬼ヶ淵沼。
場所は先程の記念碑を更に南下したところにあり吊り橋が大きいので非常に分かりやすいです。
これを見落とすことはまずないかと。
鬼ヶ淵沼の切れ株らしきものは本当に浮いて見えます。
どうやってこの形で何年も維持してんの?って感じでした。
自分は高所恐怖症な為マジで吊り橋が怖く腰を抜かしながらなんとか1/3くらい進んだところで完全にギブアップ。
出口などもゲーム内では使われていたので何とか行きたかったがあまりにも怖かった。
揺れるし落ちそうだし滑るしで俺には歩けませんでした。
ここまで怖いところは久々だわーw
ちなみに分校は数年前に撤去されたようで跡形もありませんでした。

これはおまけというか吊り橋の近くの林営署っぽいところに大きな石があったので見てきたらこんなことにw
どうやら岐阜のなんとかに登録されている非常に貴重な岩らしいです。
その小屋の中にビニールがぶら下がってたからこの岩の説明かと思ったらなんと…
ひぐらしコミュニティノートなんてものが入ってました。しかもご丁寧にボールペンまで用意されてて吹いたww
どうやら千葉工大と言う千葉の大学の漫研がおいて行ったようです。
千葉工大なんて地元の大学がまさかこんな事をしてるとは思わずビックリしたのと同時に、
何ヶ月もの間誰にも荒らされずきちんと残っていることに驚きました。
聖地巡礼する様な人しか寄らない場所なので荒らされなかったのでしょうね。
大学ノートの残りはもう数ページでみなさんうまい絵など好きなことを思い思いに綴ってあります。
どれだけ聖地巡礼客多いんだよとツッコミを入れたくなるレベルw
自分もついでだから書いてきました。
ShiranuiのHNで魅音の絵?を書いてきましたよ!
見つけたら宜しくね!そして俺の絵心の無さすぎる絵を何とかして下さいwww
鉛筆で書いても下手なのにボールペンで描くとか無理ゲーすぎるわwwww
そんな訳で以上が聖地巡礼でした。
朝の6時から夕方16時までみっちり回ってこれだけ撮れました。
逃してるポイントなどもかなりあるので気をつければもっと撮れると思います。
北から順番に場所ごとにまとめているサイトは中々ないので少しでも役に立てばと思います。
以上初の旅行と言う名の聖地巡礼でした。