シュアラスターのゼロウォーターを施工してみました。

シュアラスターから最近発売されたゼロウォーターを施工してみました。
マジックウォーター、OH!のOEM製品らしかったので買わないと決めていたのですが、
固型WAXの施工の辛さに心が折れてしまい土曜日にSABで購入して来ちゃいました。
お値段はクロスも付いて3000円と中々お手頃です。
評判は中々良く、施工は超簡単、艶はまあまあで防汚性が非常に高いとの事。

商品の説明に浸透していくガラス成分が繰り返し使用するたびにボディを覆い、艶が深まっていきます。
とか怪しさ満点の宣伝が書いてあります。
又、最低3回は試せ!とシュアが必死に宣伝していたので3回は施工しないと十分な結果が現れないんでしょう。
ちなみに低撥水性の為雨の日にすげー手入れしてんだろ!って言う優越感に浸る事が出来ませんw
それが嫌で低撥水や親水性の製品は使ったことがなかったのですが今回は思い切って購入しました。
さて前置きはこれくらいにして施工時の感想を。
まず水垢シャンプーで洗車して粘土掛けて今までかかってたワックスを落とし下地を作る。
湿式でも問題ないが乾式の方が艶が良いとの事なので迷うこと無く乾式で施工する事に。
どちらでもいいというのは便利なもので、一応サッと拭きとった状態で施工すれば艶も乾式レベルになるんですよね。
固型ワックスみたいに完全に水分が無くなるまで何度も拭き取らなくて良いので非常に楽です。
ゼロウォーター自体は白い非常にサラサラした液体で本当にお米をといだ後の汁みたいな感じです。
いざスプレーして拭きとってみると一回拭きとるだけで完璧。
本当にガラス成分が浸透してる!って思う位簡単に施工出来て驚きました。
あまりにも簡単すぎて塗れてるのか塗れてないのか全然分からないので取り敢えず2回ずつ塗ってみる事に。
触ってみると確かにボディがツルツルしてる。そして艶も出てる。
そしてなんと言ってもすごいのが、これ誰がどうやったら施工に失敗するの?って位簡単なんです。
塗って1回拭き取ればそれでおしまい。
固型WAXみたいに乾燥させすぎて拭き取れないとか、上手く塗れてなくてムラになるとかそういったことは九分九厘ないでしょう。
それくらい簡単。
11-81.jpg11-82.jpg
車庫の関係上ここまでしか陽が当たらないから画像がしょぼくて申し訳ないんですがこんな感じになりました。
コーティング剤らしく濡れた艶にはなりません。
今まで使ってたシュアのなんちゃらフォーミラよりは素人目に見ても艶が劣ってます。
まあでもこの施工の簡単さでこれだけ艶が出れば十分ですかね。
001 (2)100620_172359_20101108181442.jpg
参考として左がシュアのなんちゃらフォーミラって言う一番高い奴で右がソフト99のTRIZです。
画像で見ると固型WAX>>>ゼロウォーター>>>TRIZって感じの艶かな?
TRIZは高い癖に兎に角駄目だった…
早速昨日少し雨が降ったんですが今朝みても殆ど汚れが付いてませんでした。
したがって防汚性は非常に高い感じがします。
WAXなんて1日外に放置してると埃まみれですからね。
青空駐車民なので汚れの付きにくいゼロウォーターは結構気に入りました。
重ね塗りすると艶が増すとの事なので続けてみようと思います。
シュアブランドの効果もあってか非常に好調な売れ行きみたいですね。
近所のSABでもラスト3個くらいでした。
最近添加剤やら変なコーティング剤やら迷走してるイメージがありましたがいい製品を出した様に思います。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る