トリッカーズのカントリーブーツ M2508を購入【ユニオンワークス別注】

みなさまこんばんは

遂に高級と言っても良いラインの革靴、トリッカーズのカントリーブーツ M2508 モールトンを購入しました!
これを気に当ブログでも革靴について触れていきたいと思います。

トリッカーズ M2508モールトン ユニオンワークス別注品と正規品の違い

普通にM2508の紹介をしてもしょうがないと思いますし、もっと素晴らしい知見をお持ちの人がたくさん記事にしてくれているので別の視点で記事を書いてみたいと思います。

私が購入したM2508は革靴の修理やトリッカーズの販売で非常に有名なユニオンワークスの別注モデルになります。
別注と言うことで本家のM2508とユニオンワークスのM2508は細かい部分がいくつか違っています。
その違いについて説明したいと思います。

左の画像はトリッカーズの公式ウェブサイトからM2508の画像を借用しました。
右の画像は私が購入したユニオンワークス別注品のM2508になります。

コバのサイズとデザインが違う

正規品とユニオンワークス別注品はコバのサイズが違います。
よく見ると別注品の方がコバが大きいです。
またステッチだけではなく、凸凹した模様も入っています。
正規品よりよりゴツい感じになっていますね。

これはユニオンワークスがもともと修理屋さんだったことが大きく影響しているようで、修理するときの作業性がアップするそうです。

ユニオンワークスロゴがインソールに入る

ちょっと見にくいかもしれませんがインソールにトリッカーズのロゴとユニオンワークスのロゴ2つが入っています。
別注品の一番簡単な見分けポイントはここになると思います。

購入時サービスがある

ユニオンワークスで定価の靴を購入すると以下の2つの特典が付いてきます。
1.ハーフラバーかトゥスチールが無料
2.1回だけどんなリペアも半額

1は実質4,000円くらいの値引きになります。
2はオールソールのときに使えば10,000円以上の値引きになります。

うまく使えば実質15,000円くらいの値引きになりますので非常にお買い得ですね!
値引きの少ない靴業界でここまでのサービスが付くのは本当に嬉しいことです。

小さいサイズが手に入りやすい

日本ではUK5.5からや6からの展開が多い中、ユニオンワークス別注品はUKの5から展開されているの足の小さいメンズは非常にありがたいです。

他の部分は一緒

他にも違う点の説明を聞いた気がしないでもないですが、大きく違うのはこの2つだったと思います。

トリッカーズ M2508のサイズ感

私の足のサイズは実測で24.0cm程です。

リーガルだと24.0cmで少しだけ大きい
トリッカーズの短靴の場合はUK5
トリッカーズのブーツの場合はUK5-5.5(5の方がタイトなフィット感はあるが5.5でも全然ズレない)

こんな感じでした。

 

トリッカーズ M2508開封

箱はこんな感じです!
シューズ袋も2つ付いて来ますし、謎のトリッカーズロゴがあしらわれた布も1枚付いてきます!
5万以上の革靴を初めて購入したので興奮が抑えられません。

トリッカーズ M2508の外観

いろいろな角度から写真を撮ってみました。
私はこのメダリオンを見た瞬間にトリッカーズを買うしかないと思ってしまいました。
当時は新人でお金も無かったので、数年かけて給与も上がってきたところでようやく購入することができました!!
数年経ってもこの購入欲は全く失われなかったので相当に惚れ込んでいたみたいです。

購入時にユニオンワークスのサービスでトゥスチールを装着してもらいました。
惚れ惚れするくらい完璧に着いています。

M2508ではダイナイトソールのものが主流みたいで、レザーソールのものはあまり出回っていないのですが、ニオンワークス別注品はレザーソールのみの展開です!   男前です!

トリッカーズ M2508の総評

今回はトリッカーズ M2508の紹介でした。

次回以降定期的にエイジングの状況などを紹介していきたいと思います。

足のサイズに自信がある人は通販だと定価の数万円引きで購入できますよ!