中村俊輔のサッカーに対する考え方

F1終わったから適当にch回してたら、中村俊輔がGet Sportsというスポーツ番組でインタビューされてたので思わず見てしまった。
俊輔のサッカーに対する考えがすごい良くわかる素晴しい番組だったぜ。
俊輔はやっぱすごい。大好きだ(性的な意味で
1.スルーパスを出すときは、ここに動き出していると思ってパスする。
たとえそのパスが通らないとしても出すべき。
何故なら、俊輔はどこに居る選手の動きも見ていると思わせる為。
そうすれば俺がボールを持ったらみんな動き出してくれるという連動性を意識したプレー。
2.サイド深い位置でボールを貰った時にはもうFWは走りこんできて欲しい。
トラップして時間かけてると相手のDFはマークにつく時間が出来るから点が入りにくくなるという理由だと思う。
3.1人の精度の高いパスと1人のポイントゲッターが居れば点を取るのは簡単。
2000年オリンピックの俊輔からのクロスに高原があわせてヘディングでゴールを例にとってた。
相手のDFは全く崩れてないけど、高原がDFのマークを外す動きをする、それと同時に俊輔は高原がマークを外した場所にクロスを入れる。意識を2人で共有しただけで点が取れたと。
他にも、アタッキングサードでボールを持ったら、SBのオーバーラップ、FWやMFの楔の動き、そこでFWが空いたスペースへ走りこむ→ゴーーールという流れは日本が世界に通じる瞬間と言ってた。
SBのオーバーラップで相手のSBをひきつける、楔の動きで相手のCBをひきつける、そうすれば絶対に空いたスペースが出来るからそこにボールを出せば点が入るというわけ。
相手を崩さないでも点が取れるっていう考えが衝撃的だった。
俺がサッカーしてたころは何度も相手を崩してないのにラストパスしたってまず入らないって監督に言われてたのに・・・
俊輔はすごい連動性を意識してる。現代サッカーでは1人で勝てないし、連動性のあるサッカーをしていれば相手に必ず隙が出来るからだと思う。
俊輔の世界に勝ちたいって気持ちがすごい伝わる神番組でした。

今日の曲はtrue tearsというアニメのOP「リフレクティア」eufoniusって人が歌ってる。
アニメは本当に良くわからん作品だったけど歌と声だけは良かった。綺麗な歌です!



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お久しぶりでーす(‘-‘*)
    リンク追加させていただきました(`・ω・´)
    勝手にごめんね(´;ω;`)

    • 不知火
    • 2008年 7月 08日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お久しぶりー。
    こちらもリンクしときますねー^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る