人生初の革靴の鏡面磨きにチャレンジ

みなさまこんばんは。

きちんと革靴磨いていますか?

私は新卒のときに初めてグッドイヤー製法の革靴を購入してから、毎月1回必ず乳化性クリームで靴磨きをしています。

普段は履いた後のブラッシングと月1回の乳化性クリームでのメンテナンスのみを行っていました。

鏡面磨きは割れそうや靴に悪そうなどの良くないイメージが先行していたので興味がありませんでした。

たまたまyoutubeで靴磨き動画を見ていたら急にやりたくなってしまったので人生で初めて鏡面磨きをしてみました。

 

鏡面磨きに必要なもの

リムーバー

鏡面磨きには下地処理が大事なので用意しておいた方が良いです。

乳化性クリーム

サフィールノワールのクレムシリーズが靴磨き職人の方々にも人気です。

値段は高いですが1回の磨きで米粒数粒分しか使わないのでかなり持ちます。

ワックス

ワックスがないと鏡面磨きできませんので必須です。

色々調べた結果Kiwiがギラギラした光沢でサフィールノワールのビーズワックスが自然な光沢となっているようなのでサフィールノワールのビーズワックスにしました。

他のワックスは柔らかすぎるなど明らかに素人向けではないものが多く、失敗している人が多かったので最初から除外です。

ハイシャインクロス

鏡面にするにはクロスの質がかなり重要です。

なので上記のようなハイシャインクロスやキメの細かくて柔らかい綿を用意する必要があります。

超簡単鏡面磨きの手順

1.リムーバーで汚れ落とし

リムーバーで汚れを落とします。

2.乳化性クリームを塗る

普段のお手入れと同じように乳化性クリームを塗ります。

この際いつも以上にきちんとクロスで拭き上げます。

クリームが残っていると全然鏡面になりません。

3.ワックスを塗る(下地)

ワックスを5分くらい何層にも塗りたくります。

少しだけ指に取って塗るをひたすら繰り返します。

だんだんスルスル塗れなくなってくるらしく、そこが終了の合図らしいのですが全然わかりませんでした。

 

シワになる部分には決して塗らないこと、

ワックスを塗るところから塗らないところにかけてきれいなグラデーションになるように塗り重ねること。

この2つをとにかく意識しながら塗り重ねます。

私の場合はトゥの先は毎回塗りますが、ワックスを塗らない部分になるにつれて2回に1回しか塗らない、3回に1回しか塗らないと言うように回数でグラデーションをかけました。

素人は職人感覚皆無なので明確にこうした方が簡単だと思います。

4.ワックスを足しながら磨く

下地が終わったらハイシャインクロスに数滴の水とワックスを取りこれまたひたすら軽く磨き続けます。

水が足りなくなると滑りが悪くなるので、適度に水とワックスを足しながら20分くらい行います。

水をつけてこすると途端に艶がめちゃくちゃ増すので非常に気持ちの良い瞬間です。

5.仕上げの磨き

仕上げにハイシャインクロスで軽く磨きます。

 

初めての鏡面磨きの結果

写真がうまく取れなかったのですが、実物を見るとワックスつけてるなこいつ!とわかるくらいには艶が出ています。

割とグラデーションにもなっているので不自然さは少なく我ながら上出来です。

 

調べていると結構失敗例もあったのですが、その殆どが柔らかいワックスを使っていたり、時間を節約したりしていました。

普通に時間をかけて丁寧に行えば初めてでもこれくらいの艶にはできるようです。

 

傷の防御にもなりますし、水にも強くなりますし、なんとなく自慢になりますしいい事尽くしなのでぜひビビらずチャレンジしてみてください。