千葉から和歌山、大阪、名古屋、三重まで車で強行旅行してきた!4

さていよいよホテルです。
今回泊まったのはホテル浦島と言うこの辺りでは有名らしいホテルです。
じゃらんで探しまくってたらすごい温泉がある!これテレビで見たことあるぞ!と言ったノリで急遽決めたホテルだったので少し心配もありましたが非常に居心地のいい大きなホテルでした。
しかも朝食のみのプランだと1泊6,800円と超格安。 夕食がつくと絶対12,000円は超えるので非常に得した気分です。
その変わりマグロ解体ショーや解体したてのマグロ食べ放題、バイキングの夕食は付いてこないんですけどね。
ホテルの駐車場からホテルまでが非常に遠いので最寄りの船着場までバスで行きます。
本当に港のすぐそばで漁船がたくさんありました。
133.jpg
船着場はこんな感じ。 ここから更にくじら号やらなんとか号と言うフェリーに乗って写真の向こうに見えるホテルまで行くんです。
ホテル自体は半島の先にあるので車で行ける(その方が圧倒的に早い)んですが、雰囲気を出すためなのか駐車場が確保できなかったからなのか船で行くことになってます。
ちなみに船の乗車時間は3分くらいw
135.jpg DVC00058.jpg
部屋はこんな感じです。
和室に何故かベッドと言うびっくり仰天の組み合わせでしたが私はベッド派なのでラッキーでした。
いまどきオートロックじゃなかったり、経年劣化だったりは流石に隠しきれていないのですが、別にこれくらいなら気にならず普通に快適な部屋でした。
山側って書いてあったのに普通に海も見えますしね。 もしかしたら海側が空いてたからそちらに優遇してくれたのかもしれません。
しかし、格安プランだけあって部屋までは非常に遠かった。ロビーから部屋までは5分くらい本当に歩きます。
どんだけデカイんだこのホテル。 温泉行くのもごはん食に行くのも5分は歩くんです。 結構辛いですw
DVC00060.jpg
これは噂の温泉です。 洞窟の中に温泉が出来ているんです!
こんな温泉が2箇所もあって本当にビックリです。
しかも温泉の1m先は海になっていて波が大きい時は普通に海水が温泉の中に入ってくるというとんでも温泉でした。
こっちから海が丸見えって事は海からこっちも丸見えな訳で… ムフフ
夕飯は付いてないので外で食べようと思っていたんだけど船のってバスのってってのは骨が折れるのでホテル内の飲食店を探してましたが、ラーメン屋と居酒屋の完全に2択でレストランとかは営業してませんでしたw
居酒屋が意外と混雑していたので居酒屋に行くことに
DVC00061.jpg
ここでびっくりしたのがイルカの刺身!しかもありえない色してる…
クジラもあったけど鯨は千葉でも取れるんでどイルカは初めて見たので頼んでみました。
シー・シェパードのメンバーが居たら殺されてもおかしくないですねw
味は鯨に似てるんだけど鯨より臭みがなくて食べやすかったです。
後で聞いた話によると普通は刺身じゃなくてスモークしたりして食べるそうですよ。
和歌山のスーパーには普通にイルカが並んでるらしいですw
ここの居酒屋の主人がいい人だったので混雑してる理由がわかりました。気さくな方で結構話しかけてくれます。
しかし客が10人くらい居る中で一人でいろんな料理して酒入れてやってたからか料理が出てくるのがめっちゃ遅かった。
酒だけ出てきたので超空腹の中、麦焼酎すりきり1杯飲み干しちゃってすげー酔っ払った。
普段これくらいじゃ全然酔わないから疲れも相当あったんだろうなーと反省。
一緒に行った人はお酒が飲めないので俺だけ酔っ払ってテンション上がっててホントすげー虚しい状態でした。
別の席にいた女の子4人の集団に可愛いなんて関西弁でこそこそ言われてたからナンパしちゃおうかと思ったくらい一人で盛り上がってて本当に虚しかった。
結局女の子4人の中に単騎で突っ込んでいく勇気なんて無く、熱燗に発泡酒、米焼酎を飲んで退散。
知り合いは1000円以下のお支払いなのに俺だけお支払いが3000円くらいでした…
歩くときフラフラするかもって言うくらい酔っ払っちゃったので夜は0時前にはぐっすり寝れたので、朝風呂もきちんと6時に起きて入ってからホテルを退散しました。
熊野古道で会った人達が結構同じ宿に居たのでみんなまわるルートは同じみたいですね。
取り敢えず関西弁の女の子はみんな可愛く見えますね!不思議!
次は高野山です。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る