千葉県の超穴場ゴルフ練習場【利根パークゴルフ場】

先に謝っておきます。地域限定ネタで申し訳ありません。

ゴルフの練習には、皆様打ちっぱなしに通われていることと思います。
しかし、打ちっぱなしの金額も意外と馬鹿になりませんよね…
と言う方にオススメのゴルフ練習場を見つけたのでシェアしておきます。

私の前の家の近くの打ちっぱなしは二階打席であれば平日1球5円、土日でも7円、一階打席でも10円未満と超格安でした。
しかも200y以上のロングレンジです。
田舎だったと言うのもありますが…

その感覚でゴルフ練習場を探していたのですが二階打席でもどこもかしこも1球10円を超えているんです。
今まで1球5円で打っていた人間からすると倍以上の金額になりますので、とても払う気になれません…
そんな中、探しに探して出てきたのがセグウェイゴルフで関東人には割りと有名な「利根パークゴルフ場」です。
そこに、練習のみでもOKな練習場があるんですよ。
しかも、練習のみでも全く気まずくないシステムになっています。

ラウンド日記はたくさん出てくるのですが、打ちっぱなしにフォーカスしたブログが1つも無く、
初めて行く時に非常に不安だったので記事にしました。

利根パークゴルフ場の場所


地図だとここになりますが、不安になる道を入っていくので公式ページで詳しい行き方を調べておいた方が良いと思います。
ちなみに駐車場は砂利です。入り口は凹んでいる箇所があるので年中水たまりになっている感じです。
気になる方は取手駅、駅ビルの有料駐車場に止めて無料送迎バスに乗るのが一番かしこいと思います。
買い物を少しすれば2時間くらいは無料になるので。

利根パークゴルフ場の値段

2017年1月20日現在の金額です。
全て税別です。

1.球の金額

ビジター 8.125円/1球
メンバー 5.666円/1球

2.河川敷整備費用(打席料的なもの)

200円
打ちっぱなしのみだと必ずかかります。

3.メンバーになるには

年会費3,000円(税別)を払うとメンバー料金になります。
早朝ラウンドなどの割引もあるとかないとか。
クラブハウス又は練習場で申込可能とのこと。

ビジターでも格安ですが、メンバーになっても十分もとが取れるくらいの安さなので
メンバーになってしまったほうが良いかもしれません。

利根パークゴルフ場の打ちっぱなしシステム

システムは非常に簡単です。
1.駐車場に車を止める。(線などは一切引かれていないので適当に止めてOKです。)
2.駐車場から練習場の球を買う専用の窓口(車)が止まっているので、そこで球を買う。
3.場所はどこでも良いので好きな場所で打つ。
これだけです。クラブハウスに足を運ぶ必要が無いので
練習オンリーでも全く気まずくならないんです。
ここだけ切り取るとただの河川敷にある打ちっぱなしと全く同じです。

利根パークゴルフ場の練習場の良いところ

1.広い!

超スライスやフックを出してもまずネットに突き刺さりません。
距離も200yはあるので練習球でキャリーじゃまず届きません。

2.y表示の看板が実測距離

練習用ボールなのでPWで80yくらいしか飛びませんが、
距離感を養う意味で実測距離の方が良いと思っています。)

利根パークゴルフ場の練習場の悪いところ

1.球がめちゃくちゃしょぼい

練習球にしても飛ばなすぎ、打感悪すぎです。
20球に1球くらいロストボール的な良い球が入っていますがw

2.駐車場が砂利

これは車を綺麗にしてる人にとっては許せません。
ラウンドしてる人も同じ駐車場を使用しているのですが、
ゴルフ場の駐車場が砂利ってのはちょっと…

3.専用の椅子がない

個人用の椅子がありません。
その為、スマホでスイング撮影などが難しいです。
又、ヘッドカバーや飲み物なども奥スペースがないので、
地面 or キャディバッグの中に入れるしかありません。
休憩も少し離れたベンチまで行く必要があります。

4.ティー付のマットがゴムマット。

ドライバーなどを練習するマットが人工芝ではなくて黒いゴムです。
その為、ダフるとクラブが真っ黒になります…
下手くそにはつらいです。

利根パークゴルフ場の練習場 総評

悪いところの方が多く目に付きますので、安かろう悪かろうの典型的な練習場ではありますが、
値段、広さを考えると十分通うに値する練習場だと思いました。

家から少し遠くても相当な価格差があるので交通費を加味しても一考する価値があると思います。
利根パークゴルフ場の練習場にフォーカスした珍しい記事でした。

ビビリな私にはこういう記事で事前勉強しておかないと不安でしょうがないので
同じような人の手助けになれば幸いです。
普通ゴルフ場の練習スペースはメンバー or ラウンド者限定ですからね。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る