居飛車穴熊VS石田やゴキ中って…

何故か相振り飛車を全く指さなくなって、相手が振ってきたら必ず居飛車穴熊を目指すようになった。
前までは相手が角道止めて振り飛車を匂わせた時だけだったのに…
別に相振りが嫌いな訳ではなかったんだけどなーなんでだろう。
もう最近全く相振り指してないからもう相振りは全くさせないだろうけど。
自分の場合相振りを拒否して居飛車にするわけだから対先手早石田以外の場合、色々な定跡書に載っている角道を止めずに3手目(4手目)に飛車先の歩を突く将棋にはなりません。
3手目(4手目)に自分の角道を止めてから相手が振るかどうか聞いて四間飛車にするか居飛車穴熊にするか選択する事になる。
そうすると自分から角道止めちゃっているせいで定跡書の通りに進まないんですよね。
だから分からない局面になっても自分のしょぼい棋力でどうにかするしかないのでかなり苦労してます。
最近流行の石田、ゴキ中など角道を止めない振り飛車相手にも居飛車穴熊を使うようになったんだけど4七銀(6三銀)型の穴熊は本当に勝率が低い。銀が浮いてるのが辛すぎる。
自分がどう戦って良いのかわからない部分も大きいけどとにかく勝てない。
相振りしてた方が2倍くらい勝率高かったw
これをどうにかしたいなと思って銀冠やら穴熊以外の持久戦も勉強しだしてます。
このまま完全に居飛車党になりそうな気すらしてきたw
ほんの1年前までは絶対居飛車なんて指さない(指せない)!居飛車穴熊?こんなもんどうにかしてやるよ!とか思ってたのにww
人って変わりますね



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る