東京シャツ(BRICK HOUSE)のフルオーダーが最高すぎる

みなさまこんばんは

 

今まで既成のワイシャツを着続けていたのですがスーツを新調したのでワイシャツも思い切ってオーダーしてみることにしました。

スーツのフルオーダーと違ってワイシャツのフルオーダーは殆どの会社で1万円台で可能なので非常にお手頃です。

 

私は東京シャツと言うお店でワイシャツをフルオーダーしてきたのでそれを記事にしたいと思います。

 

東京シャツとは

お手頃な値段で抜群の品質を誇る日本のシャツ専門店です。

BRICK HOUSEの名前で到るところにお店があるので見たことある方が多いのではないでしょうか。

安いものはポリエステルで2,000円くらいから、綿100%で3,500円くらいから質の良い綿100%(プレミアム)で5,000円くらいからの概ね3ラインで展開されています。

又、ほぼすべての製品に形状記憶加工がされています。

他社の量販店に置いてあるワイシャツと価格は同じくらいですが、製法、形状記憶の持ちなどどれをとっても間違いなく東京シャツが一枚上手です。

私は初めて着たときに衝撃を受けました。

5着ワイシャツを買っておけば全然ヘタることなく1年以上普通に持ちますよ。

ブリックハウス ワイシャツ 長袖 形態安定 ボタンダウン ピマ綿100% 標準体 メンズ BM019103AM12B4X-90 シロ M-84
BRICK HOUSE

 

 

東京シャツのオーダーの種類

パターンオーダー

通販や、東京シャツ(BRICK HOUSE)の殆どの店舗でオーダーを頼むとパターンオーダーになります。

私も最初に行った店はパターンオーダーのお店でした。

ポリエステル混紡生地で7,900円から、綿100%で9,500円くらいから、プレミアムラインで10,000円くらいからになります。

市販の商品に5,000円プラスする感じですね。

ただし、よくセールをやっていて2着買うと20%オフになるので大体3,000円アップと考えてもよいかもしれません。

 

パターンオーダーなので市販より少し小さいサイズや大きいサイズ、袖詰めなどは出来ますが衿を小さくすると胸や腕周りなども一緒に小さくなってしまうので一般的な体型の人以外はあまり使えません。

柄と衿、カフス、ボタン等のデザインを組み合わせられるだけなので店員さんもあまりオススメしていませんでした。

 

フルオーダー

これはその名の通りフルオーダーです。

全国で東京駅、越谷レイクタウン、名古屋星が丘テラス、大阪梅田蔦屋書店の4箇所(2019年6月時点)しか対応している店舗がありません。

宣伝が下手なのかあまり目立たせたくないのかは分かりませんが、公式サイトにも目立った表示がなくひっそりとしすぎです。

私も店員さんにフルオーダーの存在を教えて貰うまで全く知りませんでした。

 

ポリエステルは7,900円から綿100%で9,500円くらいから、プレミアムラインで10,000円くらいからとパターンオーダーとほぼ同じ値段なんです。

更に2着買うと4,000円引きなので実質パターンオーダーより安いんです。

価格設定が意味不明すぎてパターンオーダーのメリットを見いだせませんw

 

東京シャツのオーダーをやってみた

0.店員に声を掛ける

店員にオーダーしたいと言うとオーダー専任の担当者が出てきて奥に案内されます。

普通にお店に入ってもオーダーをどこでしてよいのか全くわからないのですぐに店員に声をかけましょう。

1,生地を決める

生地は私がいつも既成シャツで着ているプレミアムラインから選択しました。

大多数がポリエステルと綿100%で占められていてあまりプレミアムラインの生地は種類がありませんでした。

フルオーダーするような人なら高級ラインの方が売れそうな気がしますがどうやらそうではないようです。

2.衿のデザインを決める

既成シャツにはない衿のデザインも多数あり、10種類はありました。多すぎて困るレベルです。

私は珍しいステッチダウン(ボタンダウンなのに表からはボタンが見えない)ネクタイをしてもよし、しなくてもよしの折衷シャツと、一番カジュアルな2つボタンのボタンダウンである(ドゥエボットーニ)を選択しました。

3.カフスのデザインを決める

カフスのデザインもいろいろと選べます。

普通の小丸から角切、大丸、ターンナップや、ダブルボタンなどいろいろありました。

これはターンナップ以外はどれを選んでもフォーマルさは大して変わらないとのことでした。

又、カフリンクスを使う人はどのデザインにしてもコンバーチブルにしてくれます。

4.タックを決める

ノータック、サイドにタックを入れるか、センターに入れるか、背ダーツにするのかが選べます。

袖もノータック、ワンタック、ツータックが選べました。

私は細身なので背ダーツにしています。

5.ボタンを決める

デフォルトはポリエステルのボタンです。

500円払うと3層構造のサンドイッチボタンやカラフルなポリエステルボタンが選べます。20種類はありました。

1,000円払うと貝のボタンになります。

高瀬貝、白蝶貝、黒蝶貝の三種類から選べるのですが担当の方が白蝶貝1択くらいな感じで強く推奨していました。

それだけ押すなら良いものなのだろうと言うことで白蝶貝にしました。

ボタンはワイシャツの中でも非常に重要な部分だと思うので貝にした方が絶対に良いですよ!

6.採寸する

イージーオーダースーツなんかよりも圧倒的に時間をかけて採寸してくれました。

私はこんな感じでかなりのなで肩らしいです。

7.詳細を決定する

タイトにしたいのかゆとりがほしいのか、時計をするのかしないのか、カフリンクスをするのかしないのか、ゆき丈は長いのと短いのどちらが好みかなどいろいろと質問されるので答えているといい感じにサイズを作ってくれます。

 

私はタイトめでスッキリしたシルエットにしたいと言う要望のもと作ってもらいました。

 

私はかなりのボン・キュッ・ボン体型らしく普通に作るとコルセット入りのドレスばりの形になってしまいめちゃくちゃ着にくいと言われました。

ワイシャツってTシャツと違いヒップの部分まで測ってきちんと作るようで私の体に合わせたサンプルがウエストを強調したセクシーなワンピースみたいな形になります。

なので、ウエストの絞りを最大限少なくするが、スリムな形は維持するギリギリの妥協点を1cm単位で相談しながら決めました。

このように機械作業ではなくきちんと対話をしながら時間をかけていろいろと決めてくれるのでかなり信頼できると思います。

8.仕上がりを待つ

仕上がりは大体1ヶ月後になります。

郵送も選択できて送料が500円になります。

商品到着後に試着はしないので郵送でも全然問題ないと思います。

 

フルオーダーなのでその場で試着して最後の微調整や次回オーダーに向けてのなにかをするのかと思っていましたが全然そんなことありませんでした。

 

東京シャツ(BRICK HOUSE)のフルオーダーと既成シャツの比較

白いシャツが今回フルオーダーしたもので、青いシャツが同じ東京シャツ(BRICK HOUSE)の既成シャツです。

既成シャツは東京シャツ(BRICK HOUSE)の一番小さいサイズ「S-80」になります。

私は160cm前半で体重が52Kgと背が低くかなり細身体型なので東京シャツの一番小さいサイズよりもかなり小さくなりました。

 

東京シャツ(BRICK HOUSE)のフルオーダー総評

フルオーダーで高級な綿100%プラス形状記憶加工が入って一着8,000円、貝ボタンを付けても一着9,000円とありえない値段で注文できます。

スーツのオーダーと違ってかなり安いですよね。

一般的な社会人だとスーツでいるよりもワイシャツでいる時間の方が長い人が多いと思います。

なので、スーツではなく価格も手頃なワイシャツからオーダーに入ってみてはいかがでしょうか。

 

スーツはバッチリなのにワイシャツのサイズが合っていないちょっと残念な人って意外と結構多いです。

そういう残念な感じにならないためにもワイシャツのオーダーは結構大事だと思います。

 

ブリックハウス ワイシャツ 長袖 形態安定 ボタンダウン ピマ綿100% 標準体 メンズ BM019103AM12B4X-90 シロ M-84
BRICK HOUSE