車のガラス掃除の決定版「Stoner インビジブルガラス」

みなさまこんばんは
今回は車のガラスを綺麗に掃除するための決定版!「Stoner インビジブルガラス」を紹介したいと思います。
本当に簡単綺麗になります。

Stoner インビジブルガラスとは

Stoner インビジブルガラスとはアメリカで大流行中のガラスクリーナーになります。
他にもホイールクリーナーやレザークリーナー、ボディコートなど色々な製品が出ています。
特に今回紹介するインビジブルガラスは全米No1の売上を誇っているようです。

日本ではKURE 5-56などで有名な呉工業株式会社から販売されています。

Stoner インビジブルガラスの使用感


Before Afterも撮って見たのですがわかりにくいですね…

適当にガラスに吹きかけてマイクロファイバークロスで拭き上げるだけです。
内窓でも外窓でも使用OKです。

Stoner インビジブルガラスの良い点

・基本的に適当な使い方をしても拭きムラが残るようなことにはならない。
それくらいよく出来た製品です。

・既存のガラスコーティングを落とさない。
既存のガラスコーティング(ガラコなど)を落とすこと無くガラス面が綺麗に出来るのは非常にありがたい製品です。

・超大容量(651ml)
1,400程度のコストパフォーマンスの良さも突出すべきメリットですね。

Stoner インビジブルガラスの悪い点

・ニオイ
アメリカらしい独特のニオイがしますので密閉空間で塗ると車酔いする人が出てくるかもしれませんので注意しましょう。

・重い
ガラスにシュシュっと吹き付ける重さではないです。
大容量なのでそれとのトレードオフになるのですが、内窓など変な体勢を強いられる場合に結構体に来ます。

Stoner インビジブルガラスと他社製品の比較

私は今まで車の内窓には「カーメイト エクスクリア」を、外窓には「ガラコdeクリーナー」を使用していました。

Stoner インビジブルガラスとカーメイト エクスクリアの比較

・コストパフォーマンスが段違い
50mlで500円と651mlで1,400円ではコストパフォーマンスが段違いです

・Stoner インビジブルガラスの方が拭きムラになりにくい
どちらも内窓掃除の製品としては人気が高いですが、Stoner インビジブルガラスの方が圧倒的に拭きムラになりにくいです。

Stoner インビジブルガラスとガラコdeクリーナーの比較

・コーティングの有無
ガラコdeクリーナーは撥水コーティングとセットになってしまうのでコーティングの上塗りをしたくない人は使えないです。

・拭きムラになりにくい
私が外窓を掃除するときは基本的にホコリでガラス面が汚れている場合なのですが、そういう場合に使用するとガラコdeクリーナーは基本的に拭きムラになります。
それをマイクロファイバークロスで必死に書き取るのがいつもの動作だったのですが、Stoner インビジブルガラスではこの拭きムラのレベルが大分軽減されます。
一発で綺麗に拭きムラ0とはいきませんが、スプレーして拭き上げてを繰り返していくと普通に綺麗になります。
ガラコdeクリーナーはこれを繰り返すとコーティング剤過多になりより悪化するので大変でした。

Stoner インビジブルガラスの総評

ガラス汚れを掻き取ることに特化した製品ですので、ガラス面を綺麗にすること第一で考えた場合には非常に良い製品だと思いました。
今までの日本市場に出ている製品はガラス面を綺麗にする代わりにコーティングも一緒に落とすかコーティング剤がセットになっているものが殆どでした。
そういう意味でも競合製品があまり無いですし、非常に強い製品ですね。
ガラス面の汚れに困っている人は是非使ってみて下さい。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る