Amazon Cloud Drive Unlimited Everythingプランを日本で使用するには?【Android】【デスクトップ】

皆様明けましておめでとうございます。
今年もマイペースではありますがブログは続けていきますので宜しくお願いいたします。
さて本年1発目は全く需要のないITの記事になります。
Dropbox,iCloud,GoogleDrive,Yahoo!Boxなどなど色々なサービスが出ているクラウドストレージの中で
群を抜いて安いのが本場US(アメリカ)のAmazon Cloud Driveです。
1152158418515815_

料金プランはシンプルで以下の2種類です。
1)Unlimited Photos…写真無制限+なんでも5GB分で11.99USD/1y
2)Unlimited Everything…なんでも無制限で55.99USD/1y
これに対抗できるクラウドストレージは日本版Amazon Cloud Driveを含めて主要ベンダーでは全くありません。
という訳で早速契約してみました。勿論Unlimited Everythingです。
<日本版とアメリカ版の違い>
リージョンが違うので保存している場所が違います。
又、会社も違うので扱っているサービスも全く違います。
つまり全くの別物と思って下さい。
なので日本ではUmlimitedプランは非常に高額ですし、
用意されているアプリケーションにも違いがあります。
<アップロード、ダウンロードについて>
アップロードはUS版でも高速で12Mbps程度はアップロードで継続して出ていました。
これであれば何の不満もありません。
又、アップロード、ダウンロード方法は以下の方法があります。
1)Desktopアプリ…2GB以上のファイルアップロードはこちらの使用が必須。
ファイル同期機能も無いですし、アップロード先のディレクトリも選べません。
まだまだβの域を出ていない印象です。(日本版のアプリは上記対応済みのようです。)
2)WebBrowser経由…Chromeなどからアップロードする方法です。 アップロード先のディレクトリが選べて使いやすい。
3)スマホ経由…私はAndroidユーザなのでそちらのレビューを予定しています。
<日本に居ながらアメリカ版のAmazon Cloud Driveを使うには>
ここが少しハマりました。
アプリケーションとしてインストールする必要があるのはデスクトップアプリとAndroidアプリの2つになると思います。
それぞれのインストール方法について展開しておきます。
1)デスクトップアプリ
アメリカ版のCloud Driveにログインします。
ストレージの管理(Manage Storage)をクリックするとデスクトップアプリのインストールリンクがあるのでそこからインストールしましょう。
これだけでアメリカ版につながります。
2)Androidアプリ
GooglePlayに出ているアプリケーションは一緒なので普通に繋ぎに行くと日本のアカウントにつなぎに行ってしまいます。
Androidの言語をUS英語に変更してGooglePlayに行きAmazon Cloud Driveをインストールして下さい。
こうすることで接続先が.comになりUS版として使用可能になります。
日本語の状態でAmazon Cloud Driveをインストールしてしまった場合には一度アンインストールして言語を英語に変更してからインストールしてみて下さい。
こんな感じで多少の不便さはありますが、(特に同期機能)価格を含めれば非常に優秀なサービスです。
日本で展開できないのはそれだけアップロードするサイズが大きいのでしょうね。。。
ストレージ不足に悩んでいる方は是非使用してみてください。
人柱している記事が中々見つからなかったので一応記事にしてみました。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る