DIYでダブルベッドを作成 part1 準備編【日曜大工】

家の犬がヘルニアになってしまったので、ベッドを買い換えることにしました。
しかし、超ローベッドになると何故かヘッドボードが例外なく無くなってしまいます。
我が家ではヘッドボードが必須の為、ヘッドボードを自作することにしました。

超素人DIYですが、工程をまとめて見たので参考になれば幸いです。

DIYでベッドを作るにあたり用意するもの

1.ドリルドライバー or インパクトドライバー

木に下穴をあける必要があるのでほぼ必須です。
私はよくわからなかったので一番安かったRYOBIのFDD-1010KTと言うドリルキットを購入しました。
が、ドライバーの役割も兼ねるのであれば本当はインパクトドライバーのほうが良いようです。

インパクトドライバーはドリルドライバーの代わりができますが、
ドリルドライバーはインパクトドライバーの代わりにはならないので、
1個買うのであれば多少高くてもインパクトドライバーがおすすめです。
以下のように値段が3,000円くらい変わりますが…

又、バッテリー式のほうが圧倒的に作業性は良いです。
私の想定使用頻度だと次に使う前にバッテリーが駄目になっていそうだったので
敢えてケーブル式のものにしました。

2.オービルサンダー

DIYでなにが一番大変かと言うと個人的にはヤスリがけです。
ですのでこれも必須装備と思っています。
こちらも最安値だった、E-Value オービタルサンダー EWS-200DCを購入しました。
職人さんの話を聞いた限りではオービタルサンダーはなんでも対して違いが無いそうなので最安値モデルにしました。
Amazonのレビューでは替えのヤスリが売ってないのでランニングコストが高いと書いてありますが、
普通のオービタルサンダー用ヤスリ、または普通の紙やすりをカットして使うことが可能ですので全く問題ありません。

3.木材(ワンバイ材)

ダブルベッドはW1400mmですのでそれに合わせた木材を購入します。
私たちは W1400mm * H600mm * D200mm くらいのヘッドボードを作りたかったので以下の木材を調達しました。
・1*8のワンバイ材を3枚

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンバイ材 【約19×184×1830mm】[1×8]
価格:1580円(税込、送料別) (2017/5/6時点)

・1*4のワンバイ材を5枚

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンバイ材 【約19×89×1830mm】[1×4]
価格:690円(税込、送料別) (2017/5/6時点)

4.ニス

私は水性ウレタンニスを購入しました。
速乾性に優れていてツヤ感も私の求めているものに近かったからです。
クリヤーとブラックをそれぞれ購入しました。

5.刷毛

所詮素人の刷毛塗りなんて大したレベルにはならないので水性用の刷毛であれば何でも良いと思います。
私も以下のような200円クラスのものを購入しました。

6.紙ヤスリ

120番 240番 320番あたりをA4サイズの3枚くらいずつ購入すれば間違いありません。
つやつやにしたい場合には最後に600番あたりをかけたほうがきれいになると思います。
1枚50円くらいなので贅沢に買っても良いと思いますよ!

7.木ネジ

日曜大工ではスリムビス且つ、木割れ防止の先端加工がされているものがおすすめです。
気が割れるとショックですからね。

8.木材のカット

木材のカットは電動丸のこでもない限りかなり大変なので、
購入時にお店でカットしてもらったほうが良いです。
私たちはW1400mm * H600mm * D200mm くらいのヘッドボードを作りたいので
以下の感じでカットしてもらいました。
お店によっては直線カットは無料です。 有料でも1カット50円くらいだと思います。

最後まで書くと非常に長くなってしまうので本日は準備編としてここまでにします。
Part2として作成日記も書いてありますのでぜひ読んで下さい。
※2017/06/02公開です。
DIYでダブルベッドを作成 part2 作成編【日曜大工】‎



にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る