FILCO Majestouch MINILA Air 赤軸のレビュー

みなさまこんばんは

今回はキーボードを新調したのでそのレビューをしたいと思います。

色々あるキーボードの中から今回購入したのは「Majestouch MINILA Air 赤軸」になります。

Majestouch(マジェスタッチ)はキーボード界では非常に有名です。
キーボードと言えばRealforceとMajestouchの二大巨頭と言って差し支えがないくらいの地位を得ている製品になります。

元々私はRealforceを長年使用していたのですが、メカニカルの良さに感動してからすべてのキーボードをMajestouchに乗り換えました!
私は英字配列が好きなので(エンジニア的にはコロン等の記号が打ちやすい英字配列が最高だと思っています)英字配列バージョンを購入しました。
どちらであっても品質に違いはないですし、英字配列だから日本語が打てないなんてこともないのでお好きな方を使えば全く問題ありません。


上が日本語配列バージョン
下が英語配列バージョン
created by Rinker
FILCO
¥10,990 (2019/02/22 22:54:09時点 Amazon調べ-詳細)

キーボードについて

キーボードの種類

メンブレン

キーボード全体で1つのシート型スイッチが敷かれているものになります。
安価なキーボードで使われていることが多いので、会社で支給されるPCやメーカー製PCを購入した場合はほとんどがこの方式のキーボードになります。

メカニカル

メンブレンと違い各キーが独立したスイッチになっていて耐久性や打鍵感が全然違います。
高級キーボードやゲーミングキーボードなどでの採用が多いです。
特にFILCO Majestouch等で使用されているCherry MXシリーズが有名ですね。

メカニカルの中に更に赤軸や青軸と言った打鍵感の違うスイッチがいくつかあります。

難点はスイッチなので音が大きいです。
アニメなんかでキーボードを超カタカタやっているシーンがあると思いますが、青軸は本当にそんな感じで音が出ますので会社で使うと怒られるかもしれませんw

値段は1万円台の製品が多いです。

静電容量無接点

東プレのRealforceが有名です。
と言うよりチェリー等と違い東プレが軸だけでなくキーボード全体の生産を行っているので、東プレ以外の選択肢がありません。
その名の通り無接点で入力を行うので耐久性と静音化、打鍵感の良さを兼ね備えていて非常に好評の方式になります。
話だけ聞くとこれが一番良さそうですが、値段は2万円くらいします。

メカニカル軸の種類

一般的な意見ではなく個人的にメカニカルの軸の特徴を書いてみたいと思います。
青軸
一番スイッチしていてカチカチ音がなり使っていて非常に気持ち良いのです。
反面、音がとにかく大きいので会社などでは使いにくい軸ですね。
ゲーマーに特に好まれていてFPSプレーヤーの中では青軸が一番多いようです。

赤軸
青軸とは対象的にスイッチ感がありません。
キーの跳ね返しも少ないので一番スコスコ打てます。
個人的には青軸よりタイプミスが少ないです。
最初にタイプした感じ赤軸になんの魅力も感じませんでしたが、実際に使うとタイプは早くなるしこのスコスコ感がたまらなくなってきます。
青軸と違ってカチカチではなくスコスコした音になるので音は大きいですが、そこまで人に嫌われる音ではないはずです。
なので私は家では青軸、仕事では赤軸を使用しています。

茶軸
赤軸と青軸の中間にあり初心者向けとよく言われます。
具体的には青軸より軽くて微妙にスイッチ感がある軸になります。
特徴がないのが特徴なので個人的には全く魅力を感じません。

黒軸
圧倒的人気の無さ!ですがスルメのように使えば使うだけ味が出て最後には抜け出せなくなる軸らしいです。
私も一時期使用していましたが、キーが重く、跳ね返しもすごいので半押しを有効に使いながらタイプする必要があり全然使いこなせませんでした。
半押しで反応してくれることがこのキーの特徴なのでこの半押しに慣れない限り全くもって使いにくい軸です…

FILCO Majestouchの特徴

FILCO Majestouchは上記の方式の中でメカニカルを採用している超老舗キーボードになります。
他のメカニカルスイッチと比べて大きな特徴が2つあります。

1.Cherry MXスイッチを使用

メカニカルスイッチの中で本家大元のCherry MXスイッチを採用しています。
特許が切れているので他社メーカーも同じように軸を発売していますが、やはりCherry MXが一番評判が良いです。

2.キーボードに鉄板を埋め込んでいる

FILCO Majestouchはキーボードに分厚い鉄板が埋め込まれています。
このおかげで見た目からは思えないほど重たいキーボードになっています。
これには理由があって鉄板が入っているだけでキーボードが安定し、ブレなくなるので驚くほど打鍵感が良くなるんです。
メカニカル方式の安物には無い作りなので是非店頭で打ち比べて見て下さい。

Majestouch MINILAの特徴

トップの写真上が普通のMajestouchで、下がMINILAです。
見ての通り超コンパクトです。
ノートPCのようにFnキーを使いこなすことでHomeやファンクションキーなどを押す必要があります。

一見不便そうですが、ホームポジションから手を動かさずにほとんどの操作が可能なので使いこなすと超ラクなんです。
又、フルサイズのホームポジションが左によってしまうのですが、これならモニタのど真ん中にキーボードを設置できますし、
マウスも近い位置に設置することが可能なので長時間使用するときに体が疲れにくいです。
一番キーボードを酷使する職業であろうプログラマなどITエンジニアには一定数のコンパクトキーボード信者がいます。

Majestouch Airの特徴

Majestouchはシリーズの種類が多すぎて本当にわかりにくいですね。
AirはBluetooth対応モデルです。
ConvertibleだとUSBとBluetoothの両用が可能ですがMINILA AirはBluetoothだけの対応となります。

BluetoothキーボードはBIOS上で動作させることができないので緊急用にUSB接続のキーボードを別途用意しておく必要があります。

つまり今回購入したFILCO Majestouch MINILA AirはコンパクトでBluetooth専用のキーボードと言うことになります!

FILCO Majestouch MINILA Airを使ってみて

フルサイズのMajestouch青軸と違ってコンパクトだからかより安定感を感じられます。
赤軸との相性の良さもあってか、非常にタイプミスが減りましたし、スピードも早くなりました。
疲労に関してはあまり実感できていませんが、ホームポジションがど真ん中でマウスが直ぐ側にあると言うのは体の構造上非常に楽ですので、仕事などで長期に渡って利用すれば大きな差となることでしょう(願望

会社と言う一番多くの時間を過ごしている場所で、一番使用する機会の多いキーボードになるのでメーカー純正の安物ではなく少し高級品のMajestouchにしてみたら如何でしょうか。
タイプミス等による疲労って予想以上に多いので全然成果が変わってきますよ!


上が日本語配列バージョン
下が英語配列バージョン
created by Rinker
FILCO
¥10,990 (2019/02/22 22:54:09時点 Amazon調べ-詳細)


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る