Makuakeで支援した「38枚カード収納できるイタリアン牛革長財布」が届いたのでレビュー

みなさまこんばんは
今回はMAKUAKEで支援した財布が届いたのでそのレビューをしたいと思います。

クラウドファンディングってプロジェクト失敗でとんずらみたいなことで話題になることが多いですが、少なくとも日本のクラウドファンディングは成功率が非常に高いです。
失敗した場合も運営側が責任を取ってくれることも多いので普通の通販と変わらないくらいに使えると思っています。

いろんなアイデア商品があるのでぜひみなさん毎日新規プロジェクトをチェックしてみて下さい。

支援したプロジェクトは以下になります。
【日本製】浅草橋の老舗革工房が製造、38枚カード収納できるイタリアン牛革長財布!

広告

【日本製】浅草橋の老舗革工房が製造、38枚カード収納できるイタリアン牛革長財布!のレビュー

実行者

潤天 株式会社
大阪にある革製品を主に扱っている会社です。

価格

約15,000円

プロジェクトの状態

このプロジェクトはスタートアップの為の資金調達ではなく、すでに会社があり本業は本業でうまく行っているであろう状態で募集しています。
新製品を企画したらクラウドファンディングで募集している会社になりますね。

ですので、会社からしたら新製品を予約してもらい、受注生産しているような感じになるかと思います。
こういったプロジェクトは貸し倒れのリスクが非常に低いので前向きに支援できます。

財布の特徴

・オルガン式で縦にカードを収納することで最大38枚ものカードが個別に収納できます。
・札入れと小銭入れがくっついているのでお釣りをそのままお札入れに入れると勝手に小銭とお札に分類してくれます。

こんな感じで大量のカードが入ります。

小銭とお札の自動分離に関しては特許を取得したようです。
詳細はこちら

財布の外観

今までCOACHの長財布を使用していたのですがそれより一回り大きいです。
また全体にジップがついているので中身が落ちる心配はありません。(毎回開け閉めするのが意外と面倒です)

実際に使ってみて

メリット
今までの財布だとカードが収納しきれなかったので重ねて入れており、傷だらけになっていました。
これが解消されたことは非常にありがたいです。
目玉機能の一つである小銭とお札の分離も便利で、お釣りを貰ったときに小銭を慎重にいれる必要もないですし、小銭を落としてぶちまける心配もしなくてよくなりました。

デメリット
財布が左右対称なのでジップを開けると裏表が逆でカードが全く見えないことがある。
普通の長財布なら右開きすればOKみたいな向きがあるのですが、この財布は向きが無いので開けて向きが逆だったーってことが結構あります。

オルガン式収納は便利な半面意外とカードの中が見れない。
オルガン式収納は便利な反面、カードのほとんどが埋まっている且つ、影になる部分が多いのでどこにどのカードがあるかわからなくなることが多々あります。
収納位置を覚えることで対応していますが、38枚分暗記するのはなかなか大変です…

収納力と便利さは相反してしまうものだとは思いますが、次回作に期待したいと思います。

広告