ゴルフⅣのブレーキキャリパー塗装【DIY】

今日はブレーキキャリパーの塗装をしてみました。

golf4は前後ともディスクブレーキが採用されているのでキャリパーが丸見えなんですよね。
錆びてて格好悪いなーって事で塗装してみました。
DIYとしては非常にお手軽で定番です。。

用意するもの

・シリコンオフ
・塗料(耐熱で無くても一般走行ならまず塗装が剥がれないそうなので自分はソフト99のボディペン、スプレータイプを使いました)
・クリヤ(これもソフト99のボディ用スプレーにしました)
・ミッチャクロン(あると塗装のノリが非常に良くなるのであると便利)
・マスキングテープ(大小、養生ビニール付きのものが便利)
・新聞紙(広範囲のマスキング用に)
・その他工具(ジャッキ、ウマ、クロスレンチなど)
必要なものは大体これくらいです。
ジャッキはゴルフの車載ジャッキが非常に使いやすいのでこれで十分だと思います…が油圧ジャッキがあると滅茶苦茶楽なので余力があれば買いましょう!
ウマは無くてもなんとかなるけど念のためあった方が安全です。2つで3000円くらいで売ってます。
レンチも車載工具で何とかなりますが、クロスレンチがあると作業効率が倍は変わってくるのであると便利。
1000円ちょっとあれば買えますよ。ちなみにゴルフ4のボルトは17mmなのでそれ対応のものを買ってください。

作業手順

レンチを使いボルトを緩めます。

ボルトが非常に固く蹴っ飛ばしながらやっとの思いで緩めました。
5本全て緩めて下さい。
CIMG1200.jpg

ジャッキアップします。

ジャッキアップポイントを目印にくるくる回してジャッキアップして行けばすぐ終わります。
油圧式の方が便利みたいだけどこれでも十分ですね。
CIMG1201.jpg
地面から指2本分くらいタイヤが浮けば十分です。

ボルトを外します。

緩めておいたボルトをクロスレンチでくるくるーって回して外します。
このクルクルーが出来るか出来ないかで楽さが全然違いますので、クロスレンチが合ったほうが良いです!
ボルトは5本全てはずします。

タイヤを外します。

タイヤが外れにくい場合は上の方をグーパン又は内側からキックしてあげれば外れると思います。
外したタイヤは絶対にボディの下に置いておきましょう。
万が一ジャッキやウマが倒れたときにタイヤを敷いておかないと、もう一度ジャッキを入れる空間がなくなりJAFを呼ぶことになってしまいます。
自分は一度車をジャッキから落とした事があるのでこのタイヤのありがたみが非常によくわかります…
CIMG1202.jpg CIMG1203.jpg CIMG1206.jpg

マスキングします。

歯ブラシでキャリパーの汚れを落とし、周りを適当にマスキングをします。
ディスク部分には少しくらいなら塗料がかかってもブレーキ時にどうせ削れるのでそこまで神経質にならなくても良いと思います。
あくまでも少しくらいならですけどね。

脱脂します。(シリコンオフ)

シリコンオフでまず脱脂します。適当にスプレーしてウエスで拭き取るだけでOKです。
脱脂が終わったらミッチャクロンを吹き付け、好きな色のスプレーを撒きます。
ミッチャクロンの有無で今後の塗装の強度に大きな差がでますので必須と思ったほうが良いです。
特にブレーキキャリパーは高温にさらされる場所なので塗装が剥がれやすいです。
1度目を薄く適当に塗ったら、上からクリヤで重ね塗り、その後また青で重ね塗りと繰り返していって納得の行く感じになるまで塗っていきます。

CIMG1205.jpg CIMG1208.jpg CIMG1209.jpg

タイヤを元に戻します。

納得がいったらタイヤを逆の手順で元に戻して終了です。
タイヤ交換と同レベルの難易度なので非常に簡単でした。
完成後はこんな感じです。
R32のキャリパーが青らしいのでそれを意識したんだけど少し違う青でしたね。
まあ明るい青は好きな色なので満足です。
CIMG1211.jpg CIMG1212.jpg
自分はマツダかなんかのスカイッシュブルーって奴にしました。
トヨタ車と普通の鉄用塗料が1280円なのに対し、マツダ車は1000円とお買い得だったのでw
最初は赤にしようと思っていたんだけど赤率が非常に高いので別の色がいいなーと悩んだ挙句青になりました。
キャリパーまで色が違うと目立って格好いいですね。

   



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る