【キーパーラボ】RX-8 クリスタルキーパー レビュー1 比較編【KeePer技研】

クリスタルキーパーのレビュー第一弾です。
次回の記事でキーパーのコーティング比較をしていますので是非参照下さい。
【キーパーラボ】クリスタルキーパー-レビュー2 施工レビュー編【KeePer技研】

先日RX-8が納車されましたので、そのままキーパーラボ(KeePer LABO)に直行し
クリスタルキーパーを施工してもらいました。
と言う訳で、今回はクリスタルキーパーのレビューをしたいと思います。

第一弾は「何故私がクリスタルキーパーを選択したのか」
その理由と各コーティングの比較をしてみます。

KeePer技研のコーティングの種類

安いものから「ピュアキーパー」「クリスタルキーパー」「ダイヤモンドキーパー」「ダブルダイヤモンドキーパー」
と4種類のコーティングが用意されています。

順番に比較していきましょう。

ピュアキーパー

これはポリマーコーティングなので、市販のコーティングと同等と考えられます。
それなら普段の洗車時に自分で市販のコーティングをやった方がコストパフォマンスが良いのではないかと思います。
拭き上げ時にひと吹きするだけなので…

値段…6,600(Mサイズ) 2018/04/16現在

クリスタルキーパー

クリスタルキーパーの特徴

下の層にガラスコーティングを施し、その上にレジン被膜をかぶせる2層のコーティングです。
一般的な使用で1年耐久とのことです。
よくある温湿度が管理された室内保管で1年耐久のコーティングとは違うと謳っていて実際に1年以上私の環境では持ちました。

クリスタルキーパーのメリット

1.ガラス被膜
濡れた状態のボディにガラスコーティングを施すことで瞬間的にガラス被膜を作ることで
ガラスコーティング特有の作業時間を短縮することが出来る。
2.レジン層
ガラスコーティングは傷への強さ、耐久性は優れていますが
イオンデポジットや水シミに弱いです。
それを補うためにガラスコーティングの上からレジン被膜を被せています。
これにより耐久性と、イオンデポジット対策を両立させているとのことです。

クリスタルキーパーのデメリット

1.ウェットの状態でガラスコーティングを強制硬化させているのでガラス被膜にムラがある。
2.ガラスの硬度が2H~3Hとプロショップ向けガラスコーティングにしては柔らかすぎる。
キーパー技研曰く硬すぎるガラスも自己修復が働かず良くないらしいのでどちらが良いかは好みになると思います。

値段…20,400(Mサイズ) 2018/04/16現在

ダイヤモンドキーパー

ダイヤモンドキーパーの特徴

クリスタルキーパーの湿式ガラスコーティングを乾式ガラスコーティングに変えることで、
ガラス被膜の強度を高めたものになります。
3年ノーメンテ耐久と5年(年1回メンテ)耐久プランの2種類があります。

ダイヤモンドキーパーのメリット

乾式施工
クリスタルキーパーのデメリットである湿式施工でのガラス皮膜が改善されています。
乾式施工になるのでよりガラスの密度が高くなっています。

ダイヤモンドキーパーのデメリット

1.耐久期間の長さ
3年間ノーメンテでは仮に皮膜が残っていても傷や汚れが目立ってきそうです。
皮膜は均一には減っていかないと思うので、結局コーティングが凸凹になって輝きも少なくなりそうなイメージがあります。
個人的には余りにも長い耐久期間はデメリットにしかならないと考えています。

2.メンテナンスプランの謎
5年耐久(年1回メンテ)なら年1回クリスタルキーパーの方が色々と良いのではないかと思います。
このメンテナンスで実施している内容がクリスタルキーパーとほぼ同様とのことです。
それであれば最初から年に1回クリスタルキーパーを施工した方が良いのではないかとの考えです。

値段…56,500(Mサイズ) 2018/04/16現在

ダブルダイヤモンドキーパー

ダブルダイヤモンドキーパーの特徴

ダイヤモンドキーパーにガラス層が1つ追加になったものです。
ダイヤモンドキーパーのガラスコーティングを2回実施したものと書いたほうが分かりやすいかもしれません。
これは製品としてはダイヤモンドキーパーと同じなので詳細は割愛します。

値段…81,900(Mサイズ) 2018/04/16現在

なぜクリスタルキーパーを選択したのか

ピュアキーパーはポリマーなので除外、ダブルダイヤモンドキーパーも高すぎるので除外
残りのクリスタルキーパーとダイヤモンドキーパーで比較しました。

ダイヤモンドキーパーは3年耐久、5年耐久を謳っていますが私の経験上3年もノーメンテで当初と同じ輝きを放っている車を見たことがありません。
キーパーは通常使用で3年持つと言い切っているのでそこらの3年耐久より信用は出来ますが、ルーフはギリギリ3年持つけどサイドは5年持つ勢いで皮膜が残っていますだと輝きとしてはムラがあり綺麗には見えないと思っています。

又、1年耐久のクリスタルキーパーを選択することで、1年毎に磨きや鉄粉除去等コーティングには欠かせない下地作りをすることが可能になります。
あまりにも長い耐久期間だとこのようなことが出来なくなり多少汚くなっていても我慢するしかなくなってしまいます。

価格も3年毎に56,500円、1年毎に20,400円を比べると大した差額になりません。

クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパーをDIY施工

以下のようにクリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパーに必要なケミカル類が販売されていますのでDIY施工も可能です。
施工方法はキーパー技研が動画で非常に分かりやすく公開しているので調べてみて下さい。

クリスタルキーパーは爆白ONEで洗車、ダイヤモンドキーパーケミカルを湿式施工、レジン2で仕上げ。
ダイヤモンドキーパーは爆白ONEで洗車、ダイヤモンドキーパーケミカルを乾式施工、レジン2で仕上げ。
上記手順で再現可能と思われます。

次回はクリスタルキーパーのレビューです。
【キーパーラボ】RX-8 クリスタルキーパー レビュー2 施工レビュー編【KeePer技研】
【キーパーラボ】RX-8 クリスタルキーパー レビュー4 2回目施工レビュー編【KeePer技研】



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る