【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part1 出発準備編【盗難対策】

皆様こんにちは。
先日フィリピンのセブへ旅行に行ってきました。
※厳密にはリゾート地はセブ島ではなくマクタン島なのですが、皆様セブ旅行と言いますのでそれにならいます。

今回はその第一弾として出発準備編を書いてみたいと思います。

フィリピンはどんな国?

1年中20度から30度前後をキープしている温かい地域です。
又、6月から11月は雨季となっています。
(30分程度のスコールが1日に数回降りますが、それ以外は晴れなのでそんなに気になりません。)

温暖と思うかもしれませんが、湿度が非常に高いので洗濯物が日陰だと全く乾きません。
日本の7月初旬のジメジメがずっと続いている感じでかなり気持ち悪いです。

フィリピンの治安は?

外務省のページで最低でも黄色(レベル1)、ミンダナオ島なんかは赤色(レベル3)になっているような地域です。
外務省海外安全ホームページ
今回対象となるセブ島、マクタン島は黄色(レベル1)の十分注意して下さいのステータスになっています。
因みに日本やアメリカなどは真っ白ですので黄色の時点で普通ではないと考えたほうが良いです。

犯罪の傾向としてはスリやひったくり、ボッタクリなど命に危険を及ぼさないものが多いようです。
とは言え銃社会ですので、夜に一人で繁華街を出歩いていたりすると、
銃を突きつけられて強盗、運が悪いと死亡なんてこともあるようですので、
治安の悪そうな場所には近づかないほうが無難なようです。

フィリピン旅行、セブ旅行の装備は?

犯罪の傾向から考えて以下のような装備で行くことにしました。

カバン

普段の外出用にPatagoniaの8Lバッグを選択しました。
パタゴニアは丈夫なイメージがあるのと、腰回りにもう1本紐が通るので簡単には盗まれないと思ったからです。
これを、収納部分がお腹に来るように反対向きに斜めがけをして出歩くことでかなりスリの確率を減らせます。

実際にこれでフィリピンに行きましたが8Lは少し小さすぎたかもしれません。
20Lくらいの方が色々入って便利だと思います。

南京錠

普通の南京錠と短いワイヤー付きのもの用意しました。
これでカバンやバックパックのチャック部分に繋いで簡単に開けられないようにします。

これは非常に有用だと感じました。
実際に鍵をかけていなくても南京錠がチラ見えするバッグのチャックを開けて盗もうなんて人はなかなかいないと思います。
それだけでターゲットから排除される確率が大幅にあがるかと思います。

スマホケース

普段用、海用どちらも紐が通っているタイプにしました。
これに更に耐荷重のそれなりにあるワイヤーを通し、カラビナ等と固定しています。

スマホケースは丈夫な革で要所要所負荷のかかる場所が金属で補強されているこの製品にしました。
実際それなりの力で引っ張っても壊れないので旅行時には大変役に立ちました。

安心と信頼のAnker製ドライバッグです。
フィリピンの海の後も何度か使用しましたが全く問題ありません。

耐荷重10Kgと類似品の中では一番強度がありました。

スーツケースガード

フィリピンの空港でのスーツケースの扱いは非常に雑なようなのできちんとしたハードケースにした方が良いと思われます。
私のスーツケースはイトーヨーカドーで何年も前に適当に買ったハードケースですのでそれは置いておいて、
スーツケースの盗難対策を書いておきます。

ホテルでのスーツケース盗難が結構多いようなので以下の対策を取りました。
マリバゴブルーウォーターに限って言えば毎日50ペソのチップと掃除ありがとう的なレターを置いていましたし、
数分の外出であっても部屋の鍵は必ず閉めていたので盗まれる気配もありませんでした。
マリバゴのスタッフ達は提携しているトライシクルやタクシーと共同でぼったくってきますが、
盗んだりはしなさそうなのでそこまで神経質になる必要はないかもしれません。

左の商品のワイヤーでスーツケースとホテルの固定物を結び地球ロックします。
右の商品のベルトでスーツケースを固定します。(これでスーツケースの鍵とベルトの2重ロック)

こういう対策を取っていることで盗難時にはワイヤー等が破損します。
切れたワイヤーが証拠となり現地の人が事件として取り扱ってくれる可能性が上がるとのことでした。
毎回ワイヤーを巻くのは面倒ですが盗難後のことも考えてやっておいた方が無難と思われます。

重要物の対策

パスポートやクレジットカードなど重要なものの対策です。
これをウエストポーチ風にアンダーウェアの上から隠して着けることで、まず盗難にあわなくなります。
これが盗まれるイコール身ぐるみを剥がされていますので、そうなったらパスポートがどうとか言ってられませんしどうしようもありません。
本当に大事なものはここに入れると良いと思います。

類似品も色々出回っていますが、肌に直接つける製品なのでつけ心地が大事ですし、
重要な品が入っているはずなのでうっかりベルトが切れたりしたら笑えません。

なのでモンベルなど信頼できるメーカーの製品にすることを推奨します。

GoProの盗難対策は別の記事に書いてあるので以下を参照して下さい。
海外旅行でのGoPro盗難対策



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 7月 28日
  2. 2017年 8月 04日
  3. 2017年 8月 11日
  4. 2017年 8月 18日
  5. 2017年 8月 25日
  6. 2017年 9月 01日
  7. 2017年 9月 08日

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る