【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part4 ホテル編【プレミアムデラックススイート】

皆様こんにちは。
先日フィリピンのセブへ旅行に行ってきました。
※厳密にはリゾート地はセブ島ではなくマクタン島なのですが、皆様セブ旅行と言いますのでそれにならいます。

今回はその第四弾としてホテルについて書いてみたいと思います。

マリバゴブルーウォーター プレミアムデラックススイートについて

マリバゴブルーウォーター(正式名称 ブルーウォーターマリバゴビーチリゾート)では日本人の多くがアムマスパスイートルームに泊まっているようでそのレビューはたくさんあります。
しかし、プレミアムデラックススイートはあまりレビューが無いので少しでも参考になればと思い書いてみます。
一泊あたり2人で1,000円くらいしか変わらないので私たちは少しだけ贅沢してこっちにしてみました。

マリバゴブルーウォーター アムマスパスイートとプレミアムデラックススイートの違い

一番の違いは部屋の位置

アムマスパスイートはホテル内の野外プール周辺に位置していますし、レストランとも近いので利便性はいいですが少々騒がしいです。

プレミアムデラックススイートはそれよりも奥の閑静な場所に位置しており静かに過ごすことができます。

入り口から遠いのが難点ですが、頼めば無料で送迎してくれるのでちょっと上級国民な感じが味わえます。

部屋の広さ

部屋の広さはもちろん、ベッドやお風呂、トイレなどが1ランクずつアップしています。

部屋も1つの建物で2部屋しかないので隣が静かな限りは相当快適に過ごせます。

アムマスパスイートには泊まったことがありませんが、一泊あたりたった1,000円の差であれば普通に払えるくらいの快適さはありました。

 

マリバゴブルーウォーター公式サイトはこちら

マリバゴブルーウォーター プレミアムデラックススイートの部屋の中身

外観

【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part4 ホテル編【プレミアムデラックススイート】

プレミアムデラックススイートの建物です。
2組分の部屋で1つの建物になっています。
入り口からそこそこ遠いのと砂の上を歩くので毎回サンダルが砂だらけになります。

部屋の中

【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part4 ホテル編【プレミアムデラックススイート】

宙に浮いているように見える特徴的なデザインのベッドです。
それぞれクイーンサイズくらいのベッドになっていて非常に快適です。

湯船とシャワー

湯船とシャワーが別々にあります。
下は石になっているのでヌメヌメ感も不潔感もなく非常にキレイです。
湯船には泡風呂用の入浴剤もついています。
水圧はフィリピン品質なので日本より弱いですが、きちんとお湯も出ますし相当快適なレベルになっています。

洗面所とトイレと金庫

お風呂と同じ部屋に全部付いています。

洗面所

洗面所は石鹸、歯磨きセットが初回のみの提供、飲料水2本(500ml*2)とボディソープ、シャンプーは毎日補充されます。
ドライヤーも日本では考えられないくらい強力なのがついていて一瞬で乾きます。

セーフティボックス(金庫)

洗面所の右奥にあるクローゼットには金庫が備え付けられています。
レビューではフロントに預けるのが間違いないと言うコメントが多かったのですが、フロントでは預かってくれませんでしたので必ず金庫を使うことになります。
このセーフティボックスは数字4桁の一般的なものになるので特に使い方がわからないことはないはずです。

トイレ

トイレはフィリピンでは考えられない便座付きです!
手元にウォシュレット代わりのシャワーも付いていて非常にクオリティの高いトイレとなっています。

フィリピンではトイレットペーパーはなぜか流れていかないのでシャワーでお尻を洗って、トイレットペーパーで最後に拭いたらそれをゴミ箱に入れるスタイルになります。
シャワーがないと拭いた紙をそのままゴミ箱に入れないといけないので恥ずかしいですし何より臭くて堪らないのでマリバゴブルーウォーターのトイレは素晴らしいです。

テレビ

【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part4 ホテル編【プレミアムデラックススイート】

私達が日本人客だからか最初からNHKが流れていました。
その他の日本の地上波に加えアメリカなど主要国のテレビは見ることができそうでした。
仕組みは分かりませんが素晴らしい設備です。

フィリピンのコンセント

【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part4 ホテル編【プレミアムデラックススイート】

フィリピンのコンセントの形状です。
電圧が違うくらいなのでグローバル展開の製品なら日本のコンセントをそのまま使えます。
心配な場合は変換器を持っていくことをオススメします。

マリバゴブルーウォーターの外観

 

夜になるとホテルの入口やプールがライトアップされていて綺麗です。
因みに入り口の人たちは毎回行き先や部屋番号を聞くのが仕事みたいですが、すごい勢いで遊んでいて夜は殆ど仕事していませんでした。
夜は毎日レストランにバンドが来ていてカーペンターズなど世界的に有名な歌をかなりの上手さで歌っています。
プールは夜はガラガラですが昼間はすごい勢いで子供達が遊んでいます。
因みにこの周りの部屋がアムマスパスイートになるので、一日中騒がしい部屋になると思われます。
静かな部屋が良い場合はデラックスかプレミアムデラックススイート以上の部屋にすると良いと思います。

マリバゴブルーウォーターのプライベートビーチ

こちらがプライベートビーチです。 基本的に昼も夜も空いていて10人もいないくらい閑散としています。
お酒を頼んでゆったりするもよし、ジェットスキーなどを借りてアクティブに楽しむも良しです。
近くにはバレーボールコートやバトミントンコート、バスケットゴールなども設置されていて子供が楽しんでいました。

プライベートビーチと言いながらマリバゴブルーウォーターのビーチは狭く、侵入も簡単なのでツアーの勧誘や鮮魚、ココナッツなどを売りつけられることがありますので注意しましょう。