マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

【マクタン島】フィリピン セブ旅行 マリバゴブルーウォーター Part6 セブ観光編

セブ マクタン島へ旅行に行ってきたので、私が実際に行った観光地を紹介します。


マクタン島からセブに行く方法

シャトルバス

ホテルによってはSM city Cebuなど大型ショッピングモール行きの送迎バスが出ています。
マリバゴブルーウォーターも前日までに申し込んでおけば送迎バスを出してくれます。

以下はSMシティセブからの送迎バス時刻表です。
シャトルバスの入り口は結構空いている場所にあるのでわかりにくいです。
警備員にシャトルどこ?って聞けば教えてくれますが、フィリピンのバスは例によって全然時間が守られないので普通にタクシーで移動した方が楽だし間違いないです。

タクシー

基本的にはタクシーで行くことになります。
マリバゴブルーウォーターの人にメータータクシーを呼んでもらったのですが、来たのは自称メータータクシーのホテルタクシーでした。
しかもメーターが改造されていて完全距離連動(1mで1ペソ)なんて言う超ボッタクリタクシーが来ました。
どこかのブログでストップウォッチのように早く動くメーターの話を書いている人がいましたが、本当に実在し私も被害に合うとは思いもしませんでした。
マリバゴブルーウォーターで呼んだらKIA自動車の車に乗ってきて、日本人からの感謝の手紙を見せてくるやつには注意です。

マリバゴブルーウォーターからサン・ペドロ要塞までで最初5000ペソと言われました。
大体相場が500ペソから700ペソくらいなので10倍近くぼったくってきます。

文句を言うと1日観光で10,000ペソ、今降りるなら5,000ペソなどと訳の分からないことを言い出します。
挙句の果てには私はメータータクシーじゃくてホテルタクシー(最初にメータースタート!って自分で言ってたくせに)だからこれくらいはするもんだ。などと言い出します。

こんなやつに観光案内なんて頼みたくないので、警察が来るくらい揉めに揉め3,000ペソぶん投げてタクシーから降りました。

日本人の感覚からしても3,000ペソは高いですが、こんなことで30分も潰れてしまい観光に支障が出るためしょうがなく払うことにしました。最悪ですよ。

マリバゴブルーウォーターで乗り物を頼むとトライシクルもタクシーも何もかもがボッタクリです。
これが4つ星ホテル!?って感じなので絶対にホテルで呼ぶのはやめましょう。

又、ホテルの近くで待機しているタクシーも例外なくボッタクリのようなのでセーブモア付近まで歩いて行き、流しのタクシーを頑張って捕まえることをオススメします。
流しのタクシーもメーターを使わないや事件に巻き込まれるなどとよく言われていますが、実際に乗った感じだと流しのタクシーが一番親切で健全な価格設定でした。
あったとしても遠くに行く時にメータープラス100ペソなどの交渉が入るくらいです。(フィリピンのタクシーは日本と違い遠くに行くことを嫌うのでこのような交渉が入るようです。)

これだけぼったくられた帰りに普通に流しのタクシーに乗ったら、メーター代金だけ請求されたのでフィリピンにもぼったくらない人がいるのかと嬉しくて泣きそうになりましたよ。

タクシーに乗る前に価格は必ず認識合わせしてから乗りましょう。
観光地やホテルのタクシーに乗るとぼったくられる可能性が高いです。
Please use meter?
Can you use meter?
meter + 100ペソ OK?
などなんでも良いのでとにかく値段だけは確定させておくべきです。

サン・ペドロ要塞

セブの観光地第一弾です。
タクシーではここに向かいました。

イスラムの海賊から守るために1700年代にスペインが建造したそうです。
厳密には1500年代に建造され当時は木造だったとのこと。

簡単な展示スペースと喫茶店てきなものが1件あるくらいで、特に見どころはありませんでした。
がっかりスポットです。


マゼランクロスとサントニーニョ教会

サンペドロ要塞から歩いて5分くらいの場所にありますのでgoogle mapsを頼りに徒歩で移動しました。
マゼランクロスとサントニーニョ協会はほぼ同じ位置にあるのでセットで観光できます。

教会は普通の教会なので礼拝の邪魔にならないように静かにしている必要があります。
また、露出の激しい服装だと入場できません。布を渡されるのでそれを体に巻く必要があります。

SMシティ セブ

サントニーニョ教会からまた流しのタクシーを捕まえてセブTOP3には入る大型ショッピングモールのSMシティセブに行きました。
ここのKulturaと言うお土産屋さんが何でも揃っていて値段も手頃なので超オススメです。
安い本物の真珠ネックレス等もここで手に入ります。
しかも店員さんが付きっきりで何でも探してきてくれるので、拙い英語力でも普通になんとかなります。

その他のお店はハイライトで。

ジョリビーに行ったり

オシャレなコーヒーを飲んだり(アイスコーヒー=デフォルトでMAXコーヒー並に甘かった)
ブラック信者なので涙目です。

何故か日本語で動作するゲーム機が大量に置いてあるガラガラのゲーセンをみたり

お店の中を走る汽車に驚いたり

大丈夫なのか不安になる色のドーナツを食べたり

ショッピングモール内でバイクや家が普通に売られていたり

最先端の店が並ぶ通りをみたりしてホテルに帰りました。

SMシティセブからのタクシーは警備員が事前に紙をくれます。
嫌な思いをしたときはこの紙に書いてSMシティセブに連絡するとそのタクシーが出禁になるようです。
このお陰でボッタクリの被害にはほぼ合いません。
※中には紙を奪い取ってくる人もいるそうなので注意です。

因みに価格交渉も警備員がやってくれました。
メータープラス100ペソでOK?と聞かれたので即答でOKしちゃいました。
セブからマクタン島への移動ではメータープラス100ペソが最安値クラスのようなのでかなり良心的です。

セブの感想

マクタン島と違ってかなり都会です。
富裕層も数多く居るので、そこらの日本人以上に豪華な生活をしている人々もたくさんいます。
スーツで仕事をしている人がいるので驚きました。

そのお陰か物売りやキャッチも全然しつこくないですし、タクシーも当たり前のようにメーターを使ってくれます。
お釣りを普通に出そうとしますし、チップで貰っておいてなんて言ったら驚いて喜びます。
マクタン島ではお釣りを当たり前のように貰われるので、小銭を用意しておかないといけません…

次回はマクタン島のマリンスポーツについて書いてみたいと思います。