【日本一周】47都道府県制覇の軌跡 in my car! Part5.青森県

【日本一周】47都道府県制覇の軌跡 in my car!の第5弾です!

以下ページに訪問先リストがあるので是非他の記事も読んでみて下さい。
【日本一周】47都道府県制覇の軌跡 in my car!

今回は行きたてほやほやの記事なのでそれなりに画像もありますよ!

2017年の10月6日の夜から10月9日の夜にかけて、
青森、秋田、岩手と一気に回ってきました。
岩手→青森→秋田の順番で回ってきたのでこの通りに記事にします。

ルートはこんな感じです。
ちばらきけん出発と言う事で利根川をスタート地点にしています。

岩手の記事はこちらから
秋田の記事はこちらから

今回は東北6県周遊プランと言うものを利用したので
いわき勿来より北は高速乗り放題でした。
お値段は微妙に高くて3日間で10,000円です。
2日間で7,500円とこれまた微妙な価格設定で、
どちらも得するには弾丸ツアーするしかないですw

十和田湖、十和田神社


今回の旅行では他のどの観光名所より一番良かった場所です。
どうやら私は人工物より湖や風景のきれいな場所が好きなようです。
写真はたまたま見付けた「発荷峠第一展望休憩所」で撮りました。


十和田神社はかなり雰囲気のある神社で神聖な感じが出ていましたよ。
神社を抜けて奥まで行くと「乙女の像」と言う、
詩人にして彫刻家であった高村光太郎の傑作と言われている像があります。
私は芸術に疎いのでどの辺がすごいのか分かりませんが、綺麗な景色の場所に立っていました。

十和田湖はどちらかと言うと釣りが人気のようで、
釣り人があちらこちらに車を止めて釣りを楽しんでいました。
私は急ぎの旅行だったのでお店もなんにも空いていない
朝7時から30分の観光で足早に次の目的地に向かいました!

十和田湖、十和田神社の料金

0円

酸ヶ湯温泉


青森と言えば、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」がある酸ヶ湯温泉が非常に有名です。
駐車場の満車ぶりからは考えられないくらい空いていて千人どころか男湯は十人くらいでしたよw

混浴とは言われていますが実際には、以下のような作りになっていて
上の一部分以外は仕切りがあって双方が見えません。
又、仕切りがない部分も異性は侵入禁止になっています。
______
|   |←ここだけ仕切りなしで双方の姿が見える
| | |
|男|女|
|湯|湯|
| | |
| | |
男 女
入 入
口 口

これとは別に完全混浴の浴槽もあるのですが、
完全防備のタオルを纏った夫婦くらいしか入っていませんでした。

因みにそれなりに綺麗な女性(メガネをかけていないのでモザイク効果あるかも)が
わざわざ男湯女湯の仕切りがない場所で、あえて湯船から上がって後ろ向きに体育座り(お尻が少し見える)
したり、胸を出したり(タオルで絶妙に隠している)していました。
1mmくらいこういうことを期待して混浴に入りましたがまさか本当に居るとは思わず驚きました。

これの観察のせいで予定が30分はおしましたよ…

と言う訳で露出狂とも遭遇出来るオススメの温泉です!

因みに洗い場は無いので注意して下さい。
ここを当てにしていたので私は2日間近くお風呂に入れませんでした…

酸ヶ湯温泉の料金

入湯料 600円

道の駅いなかだて


道中にめちゃくちゃ混んでいる道の駅があったので寄ってみました。
結果はフリマやってるだけでしたorz

耳に入ってくる会話が何言っているか分からなくて海外の人が多いなと
思いながらあたりを見渡したらJRA津軽の看板が見えたので
これが噂の津軽弁かとようやく納得。
本当に日本語かと思えないくらい何言っているのか分かりませんよ。

因みに、買い物する時は店員さんが標準語を使ってくれるので
皆さん標準語も話せるようです。

JRA津軽の隣にあったり田んぼアートと言う名の謎の駅があったりして
中々ぶっ飛んでいる地域でしたが、
手入れのドリップコーヒーが飲めるので休憩にはおすすめです。

三内丸山遺跡


ここは正直がっかりスポットでした。
外から見えるそれっぽい建物は全て再現 or 近所の学生?さんが建てたもので
肝心の遺跡類は全てドーム状の建物の中に展示されています。
遺跡を保存するとそうなってしまうのかもしれませんが、
予想以上に何もなく無駄に広いだけの空間と言わざるを得ません。
展示物の数も少ないです。
遺跡が本当に好きな人以外はオススメしません。
ガイドさんも来客者の殆どが地元の人だと言っていました。

三内丸山遺跡の料金

0円

弘前城


青森の最後は弘前城です。
東北で現存している唯一のお城とのことで楽しみに行きました。

石垣を取り壊していたり、何故かお隣にお城ごと移動したり
無理やり現存させている感が出ているのが少し残念でしたが
それなりに楽しめました。
又、ポケモンGOの聖地と化していて変な賑わい方をしています。

tips : 弘前城の駐車場

弘前城内に駐車場は無いので
「文化センター」の駐車場に停めましょう。
何の案内もないので駐車場探しに30分も費やしましたよ。。。
駐車場から出たらお城に向かって右に進むと入り口があります。

弘前城の料金

入城料 310円
植物園も見る場合は510円

青森県旅行の総評

朝の8時から一日回りましたが、
青森県が大きいので相当行きたい場所をカットしています。

青森は終始それなりに栄えていました。
失礼ですがこれは予想外です。
もっとど田舎を想定していました。
都市部に普通にお城や遺跡があるので
食事や買い物も一緒に楽しめる利便性があります。

青森はこれにて終了です。
キャンプ場を確保するためにここから秋田まで一気に進みました。
秋田編は次回の記事でお伝えします。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る