【最強サンダル】KEEN ニューポート H2【Newport H2】のレビュー

前回の記事で
KEEN Newport H2とClearwater CNXとTEVAの比較
を行いました。

今回はKEEN ニューポート H2【Newport H2】のレビューをしてみます。

KEEN ニューポート H2【Newport H2】のレビュー

KEEN ニューポート H2【Newport H2】のサイズ感

Amazonのレビューなどでは普段より1サイズ大きめが良いとよく書いてありますが、
私は普段と同じサイズのものを買いました。
ゆるめに履きたい人は確かにワンサイズ大きめのほうが良いと思いますが、
私には靴擦れが怖くてこの選択ができませんでした。
と言う訳ですのでワンサイズ大きい方が良いのかは人の好みによるところが大きいと思います。
サンダルは裸足で履くことを想定していると思いますので特に慎重にサイズは選ぶべきと思います。

KEEN ニューポート H2【Newport H2】のソール


画像の通りかなり分厚いです。 そこらのスニーカーよりも分厚いので砂利道や岩場などで痛いと感じることはありませんでした。
又、裏のラバーグリップもかなりしっかり作られていて、そこらの水辺、岩場で滑ることも殆どありません。
もはやサンダルとは思えません。

KEEN ニューポート H2【Newport H2】の履き方

サンダルと考えると履くのが面倒です。
必ずかかとの部分をはめる必要があるので、両手が塞がっているときに履けるような代物ではありません。
緩めにしてあるスニーカーよりも履くのは面倒ですね。
紐の作りは優秀でゴムを引っ張るだけで簡単に紐をきつくしたりゆるくしたりできます。

KEEN ニューポート H2【Newport H2】の水辺での評価

水辺でも殆ど滑ることはありませんでした。
海の砂の侵入や排水性に関しても見た目ほどは気にならず
特に不満はありませんでした。
これであれば海も川も陸もこれ1足で事足ります。
フィリピンで問題なかったので、日本でもほぼ問題ないでしょう…

KEEN ニューポート H2【Newport H2】の履き心地

ソールは非常にしっかりしていますので、1日履いても全く問題ありません。
裸足で履いていても靴ずれ等の問題は起きませんでした。

唯一駄目だったのが蒸れることです。
サンダルの癖に(←失礼 ソールはラバーでできていますし、
つま先のガードなどがしっかりしている関係上、足の裏がかなり蒸れます。
サンダル=夏でも蒸れない快適さが手に入ると思っていたのでこれは予想外でした。
蒸れないことよりも丈夫さ、アクティブ性を最重視したサンダルと言うことでこれは我慢するしかなさそうです。

KEEN ニューポート H2【Newport H2】の価格

定価は14,000円くらいで、サンダルのイメージからすると非常に高価です。
良いものとわかっていてもためらってしまうレベルです…

因みに、スポーツショップのゼビオでは定価で販売されていました。
(別モデルになりますがゼビオ限定モデルだけ8,900円と格安でした。)
酒々井プレミアム・アウトレットのKEEN店舗では
8,800円くらいまで値下げされていました。
レディースに関しては半額の7,000円台で販売されていましたよ。

10,000円を切ってくれば選択肢に入ってくると思いますので購入するのであれば、
Amazonや楽天、KEENアウトレット店舗がおすすめです。
※Amazonや楽天はサイズや柄によって一気に定価以上の値段になりますので注意しましょう。

KEEN ニューポート H2【Newport H2】の総評

値段と蒸れさえ気にしなければ品質は素晴らしいです!
海外旅行専用で使う予定でしたが、普段の生活もこれがメインになっています。
靴、サンダルは装備の中でも特に重要なものになると思いますので、
ケチらずいいものを購入することをおすすめします。



にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 24日

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

ページ上部へ戻る