【PCケースと電源交換】Nine Hundred TwoからANTEC P100へ交換【ANTEC P100 レビュー】

先週に電源が壊れた or 電力不足によってPCが非常に不安定になってしまいました。
ケースファンLEDは動作しなくなるし、Windowsが運良く立ち上がっても非常に不安定でまともに動かない。
Explorer開くだけで1分くらいかかります。 orz
おそらく、GPUを新しくしてHDDを1つ追加したことによって650W電源では不足してしまったのでしょう。
そんな訳でPC電源(CoolerMaster 80PLUS)と
それに合わせてPCケース(ANTEC Nine Hundred TwoからANTEC P100)を買い替えました。

<Before ANTEC Nine Hundred Two>

P_20150725_114237 - Copy P_20150725_115021 - Copy P_20150725_114756 - Copy
正面            表                     裏
ケースが半分スケルトンだったり大きなファンが沢山ついていたりで
見るからにゲーミング!って感じのケースです。
格好はよかったのですが埃が酷すぎて手入れがめちゃくちゃ大変でした。
又、裏配線があるにはあるのですが、ケースの設計が古く綺麗に裏配線するのは素人には無理でした。
(仕事上これでもラッキングと配線はよくやっているのですが…)
HDD1本追加するのもGPU外してやっとの思いで作業している状態で非常にストレスを抱えておりました…
これだけ色々なところから空気を回しているので冷却効果は文句なしでしたがね!

<After ANTEC P100>

P_20150725_175624 - Copy P_20150725_113912 - Copy P_20150725_114048 - Copy P_20150725_143000 - Copy P_20150725_142929 - Copy
静音PCとして有名なANTEC Pxxxシリーズの最新作です。
1万以下と言う安価な価格設定なので鉄板が薄っぺらいですが
今までのケースと比べるとめちゃくちゃ静かです!
・配線もHDDのケーブル口が最初から裏になっているなど裏配線を前提に設計されています。
・CPUクーラーが大型化しておりバックプレートで固定するモデルが最近は多いですが、
 これに対応する為にPCケースの裏を大きく切り取ってあります。
 PCケースにM/Bを取り付けたままCPUクーラーの脱着が可能になりました。
・空気の出口である背面以外は全て簡単に着脱可能な防塵フィルター or 完全封鎖されていて
 メンテナンス性も非常に良いです。
・側面が透明になっていないので異常時のLED点灯に気付け無いのは大きなマイナスポイントです。
 今回の電源障害もLEDが点灯してくれたのにすぐ気付けたので判別しやすかったですが、
 LEDが見えない状態で急にPCが不安定になっても中々ハードを疑う判断は出来ないと思います。
・冷却性はこれだけ密閉されていることもあって悪いです。
 CPUのグリスをシルバーグリスにパワーアップさせたにも関わらず
 通常時のCPU温度が5度くらい上がっています。
やはり冷却性と静音性(密閉性)はトレードオフということで…
ただ新しい設計のPCケースは素晴らしい!
GPUの大型化にもきちんと対応しているし、
SSD1本HDD4本積んでも窮屈していません。 
   
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車いじりへ
にほんブログ村

カー用品・装備 ブログランキングへ



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る