マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

ウェアラブル端末のかしこい選び方【私がFitbitからGarminに移行した理由】

2年近くウェアラブル最大手Fitbit社のFitbit Charge HRを使用していましたが、液晶がバンドから外れてしまいどうにもならなくなってしまったので買い替えることにしました。

当初は同じくFitbit社のFitbit Charge HR後継機を考えていました。
しかし、色々と比較しているうちにGarminが一歩飛び抜けている気がしてきたのでGarmin Vivo Activeへ乗り換えを決断しました。

今回はなぜGarminに乗り換えたのかや、ウェアラブル端末を選ぶ際の比較事項を記事にしてみたいと思います。

2020年版の最新記事を作成しました!
ぜひ以下のページに移動して下さい!
スマートウォッチのかしこい選び方 2020年版

 


1.なぜFitbitからGarminに乗り換えたのか

最初に結論を書きます。

ライフログに特化したものではなくゴルフや自転車など総合的な用途で利用したい。

この1点においてGarminは抜群に優れているので私はGarminのウェアラブルデバイスを購入することにしました。

Fitbitはライフログに特化しており、サイクルコンピューターやゴルフ用GPSなどと連携することが出来ません。
こうなってしまうとアクティビティ中はそれ専用のデバイスを別途使う必要があり腕時計を2個付けなければいけません。
Fitbitを使っているときは実際そうしていたのですが邪魔ですしダサいです。

デバイスを1つにまとめたいと考えると、様々なスポーツや登山など用にデバイスを作っているGarminに軍配が上がると考えました。
ライフログ専門メーカーでは太刀打ち出来ない大きな壁がこの点にあるので、将来的なシェアを考えてもGarminの方がよいと考えた理由です。

時計の2台同時付けはこんな感じで恥ずかしいです…

2.GaminとFitbitを数年間使用し続けた筆者の感想と比較

Fitbitの良いところ

睡眠検知の精度が非常に高い

Garmin含め通常のウェアラブルデバイスでは睡眠の段階が3段階(起きた、レム睡眠、ノンレム睡眠)です。
Fitbitはなんと4段階(起きた、浅い睡眠、深い睡眠)の睡眠記録機能が備わっています。
睡眠ログ機能を重視している方には非常に頼もしいメーカーです。

心拍数計測が優秀

Garminは1-10分くらいの感覚でランダムに心拍数を記録します。
バッテリーの持ちを長くしたいのでこういう対策を取ることでバランスを取っているんですね。

しかし、Fitbitは心拍数常時計測となっていてちょっとした運動に対してもリニアに心拍数を反映させることが可能となっています。
それでいてGarminに負けず劣らずのバッテリー持ちを実現している技術力は素晴らしいです。

API経由で日頃の計測データを吐き出せる

ライフログと考えた際に過去のデータを自由にエクスポートできるのは本当にに素晴らしい機能です。
私は毎日Googleのスプレッドシートにエクスポートして独自の分析を行っていました。
個人的には一番気に入っているFitbitの長所です。

女性向けの生理周期管理機能がある

Garminもすぐに追従しましたが生理周期の管理機能を搭載した最初のメーカーがFitbitです。
GarminとFitbitの両方を家の相方に使用してもらった結果はFitbitの方が正確でした。
Fitbitは集めたデータの活用が上手いという事ですね。

Fitbitの微妙なところ

ハードウェアの寿命が短い

Fitbit Charge HRとFitbit Versa2の2台を使用しましたが、どちらも2年持たずに壊れてしまいました。
毎日お風呂や水泳以外を除く時間は基本着けっぱなしで使用していました。

Garminの機種は元がアウトドアデバイスメーカーだけあって非常に丈夫で4年経過した今も全く問題なく動作しています。

Garminの良いところ

アクティビティ対応が豊富

ゴルフGPS機能、ロードバイク用のサイクルコンピュータ連携など豊富なスポーツとの連携機能があります。
総合スポーツデバイスメーカーのGarminだからこそ搭載できる最強で最大の長所ですね。

各専用機器の簡易版機能をそのままライフログ用ウェアラブルデバイスに搭載することで絶対に他社が真似できない機能が沢山搭載されています。
日本ではロードバイクやゴルフ人口が多く、こういったデバイスで計測する人の比率も高いので上手く日本の市場にハマっているのだと思います。

ハードウェアが丈夫

私が購入したVivo Active J HRは4年経過した今でも全く問題なく動作しています。
バッテリーも相変わらず1週間くらいの持ちを発揮しています。

Fitbitより過酷なお風呂でも常に着けっぱなし状態で使用していますが全然問題なしです。

Garminの微妙なところ

ソフトウェア面が弱い

GarminはFitbitに比べてアプリケーションの作りが弱いです。
ゴルフ場のデータダウンロードもよく失敗しますし、突然の本体再起動によりスマホに同期していなかった時間のデータがごっそり消えたりします。

他社の先進機能を随時追加したり独自の多数のアクティビティ連携があったりするので、後付の機能が多すぎてきちんとテストができていないのではないかと考えています。

ユーザインタフェースが悪い

Garminの管理ページはとにかく見にくいです。
ユーザが使いにくいインターフェースになっておりせっかくの豊富な機能が使いこなしにくいです。

食事管理や、水分補給の記録などは普通に考えたら簡単に記録したいはずです。
しかし、Garminはそういうところが考えられていないので一々面倒な操作が必要になってしまっています。

他社の先進機能を豊富に盛り込んでいった結果、機能が増えすぎて取ってつけたようなGUIになっている印象です。
ここは非常に残念なところです。

FitbitとGarminの比較総評

Fitbitは総合的な作りの良さが特徴で流石専業メーカーと言ったところです。
悪く言えば特徴らしい特徴がないので差別化に苦労しているのが現状です。

Garminは豊富なアクティビティ対応によりニッチな顧客のニーズを捉えることで成長しています。
日本では特にささっていて大きなシェアを取っていますが、反面グローバル市場でのシェア獲得では苦戦しています。

上記のようにFitbitとGarminはターゲットとしている層が違うので、

とりあえずウェアラブルデバイスがどういうものか知りたい人はFitbit

ゴルフやサイコンなどGarminにしかない機能が自分の要件にマッチしている人はGarmin

を購入されると良いと思います。


3.ウェアラブルデバイスのかしこい選び方

ここからはなぜ私がGarmin vivo activeを選択したのか。
その理由について書いていきたいと思います。

記事執筆当初は2017年だったので適宜製品を更新し、現在の状況に合わせた製品紹介に変更しています。

1.機能

ウェアラブル端末を選ぶ際に重要なのは必要な機能要件を満たしているかです。

私の場合は以下が最低限必要な要件でした。
皆様もまず必要な機能を洗い出して見ることをオススメします。

最低限必要な機能

1.大手企業製品(ライフログはデータが標準化されていないので、会社がウェアラブルから撤退した場合に、それまで蓄積されたデータが使い物にならなくなります。これは大問題です。)

2.心拍

3.睡眠自動検知

4.アクティビティ管理(主にロードバイク、ゴルフ)

5.時計(月/日/曜日 全てわかると尚良)

6.サイレントアラーム(バイブレーションアラーム)

7.電池の持ち(最低3日は欲しい)

8.着信、Lineやメール等の通知連携

9.心拍や睡眠等、統計関連の見やすいUI。
APIなどでスプレッドシート等に連携出来ると尚良

追加であると良いなと思う機能

1.生活防水ではなくそれなりの防水

2.サイクルコンピュータ連携

3.ゴルフ場で使えるGPS

最低限必要な機能を満たしている機種は?

欲しい機能を洗い出したら次に最低限欲しい機能を満たしている機種を洗い出します。
私はFitbitとGarmin、Jawbone以外のメーカー(SonyやEpsonなど)はシェア率的にも撤退の可能性が高いと判断し選択肢に入れていません。

その結果、最低限必要な機能を満たしている機種は以下に絞られました。

Fitbit Versa 2

追加要件も満たしている機種は?

Garmin VENU

ウェアラブル端末のかしこい選び方【私がFitbitからGarminに移行した理由】 4
created by Rinker
GARMIN(ガーミン)
¥48,736 (2020/09/25 11:59:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

Garminは登山系のGPSからロードバイク、ゴルフ等色々な分野をやっている総合メーカーなので各種スポーツの管理に強いです。
カヌーみたいな船系のスポーツもスキーもいけます。

Fitbitも一応ゴルフのアクティビティがあるようなのですが、ゴルフコースを収録する機能が無いのでGPSとしては機能しません。
やはりライフログ専用メーカーですからそのあたりに弱いですね。
又、FitbitはANT+に対応していないのでサイコンとの連携等外部機器との接続も非常に難しい仕様になっています。
タイトルに偉そうな感じで書きましたが、私がFitbitからGarminに移行した理由はこの2つです。

4.価格比較

上記作業で自分に必要な機能要件を満たしている機種がわかったので今度は価格を比較していきます。

最低限必要な機能が搭載されているFitbit Versa 2が25,000円くらい
欲しい機能全部入りのGarmin VENUが46,000円くらい
とその差20,000円くらいです。

2万ちょっとの差であればよいと思える機能が付いた個別製品が購入できるかの観点でも調査してみました。

サイコンが安いもので10,000円くらい。
ゴルフ用GPSも安いもので10,000円くらい。
どちらも廉価機種になるのでGarmin VENUに搭載されている簡易管理機能と大した違いがありません。

それであれば金額的にほぼ変わりがないことが分かったので私は一台でまかなえるGarminのウェアラブル端末が有利ですね。

5.利便性比較

最後に利便性を比較してみました。

ゴルフの場合は出来るだけ身軽にしたいです。
別々の機種を持って行くことで腕時計が2個になったり、ポケットにスマホサイズのものを何個も入れたりするのはゴルフでは致命的なくらい邪魔でスイングに集中できません。

ロードバイクの場合は結局各種センサー+スマホサイズの端末1台なので殆ど利便性に変わりはありません。

6.最終判断

機能、価格、利便性など色々な観点からFitbitとGarminのウェアラブルデバイスを比較し私のようにスポーツをそれなりにやる人間であればGarminの方が圧倒的に有利なことがわかりました。
そのため私はGarminのウェアラブルデバイスに乗り換えることを決意し今でも使用し続けています。

ウェアラブル端末のかしこい選び方【私がFitbitからGarminに移行した理由】 4
created by Rinker
GARMIN(ガーミン)
¥48,736 (2020/09/25 11:59:58時点 Amazon調べ-詳細)

総評

市場にこれだけ溢れているウェアラブル端末の中で最良の選択をするためにもどうやって機種を絞り込んでいけばよいかにフォーカスしてみました。
たくさんあって比較しきれないから見た目で決めようなどとならずに、会社の将来性や各機種の機能、価格を論理的に考えて判断された方が後悔せずに済むと思います。
これを参考にベストな機種を購入していただければ幸いです。