コルトラリーアートバージョンRの空力を考えてみる

コルトラリーアートバージョンRがじゃじゃ馬すぎて長距離運転が疲れるので空力について色々と考えてみました。

ルーフスポイラーの空力を考える

コルトラリーアートバージョンRの空力を考えてみる
ボルテックスジェネレーターが無い状態だとコルトのルーフスポイラーは殆ど意味を無していないようです。
雨の日に走ってみるとわかると思うのですがルーフの水はなぜか溜まったままであまり流れて行きません。
スポイラーの出っ張りに空気があたってしまい、こんな感じになっているのではないかと思っています。

コルトラリーアートバージョンRの空力を考えてみる

適切なダウンフォースを得るためにボルテックスジェネレーターとしてA.S shopのディヒューザーを取り付けてみました。
これにより乱気流が発生しリアスポイラーに空気が流れていくことを期待しています。

後日談
装着してみましたがほとんど効果なかったです…
素人のボルテックスジェネレーターでは無理がありました。

フロントの空力を考える

コルトラリーアートバージョンRの空力を考えてみる

フロントは予測だとタイヤハウス内に空気が流れてしまって空気を乱していると推測しています。
どこかにそんな事かいてある記事があったので…

コルトラリーアートバージョンRの空力を考えてみる

というわけでフロントカナードを取り付けてみました。

後日談
装着してみましたがほとんど効果なかったです…
素人が適当に付けても意味がないですね。