マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

ジェイコムの点検商法が悪質すぎるので対策を書きます

ある日郵便ポストにジェイコムからメンテナンスに関する紙が入っていました。
マンション全戸に対して一斉に実施しているようです。

結論を先に書いておきますが、これは殆どの場合定期点検ではなく定期営業です!
こんな訳のわからない悪質な営業は一刻も早くこの世からなくなってほしいので、みなさま徹底的に断りましょう。


メンテナンス内容

ジェイコムの安定した放送電波を提供するために以下の2点、定期調査をするとのことです。

  1. 配線不具合調査
  2. 電波強度測定

一週間後くらいが紙の回収日となっていてそれまでに、希望の日時を書いて返信してくださいと書かれています。
しかも、返信が無い方へは直接お宅に伺いますとの注意書き付きです。

私はジェイコムなんて契約していないのでなにかの間違いだと思って放置していました。

遂にジェイコムがやってくる

紙に書いてあった通り、無視していたら直接我が家にやってきました。
ここからの対応が本当に酷くてあまりにも詐欺まがいだったので手口を公開します。

強制点検と思わせる営業内容

ピンポンを出て初っ端、営業が怒ってます!

JCOM
前にメンテナンスの紙入れましたけど、返事くれました!?
返事くれないと困るんですけど!
ジェイコムに加入してないので返事していません。
JCOM
マンションで加入されているのでお宅だけ点検しないわけにはいきません。

そもそも家のマンションにはジェイコム標準装備のようなサービスはないんですよね。
この時点でかなり胡散臭いです。

 

ジェイコムのサービスも使ってないしテレビも持ってないから結構です。
JCOM
テレビが無くても調査が必要です。
テレビが元々見られないのにですか?
JCOM
家にアンテナ端子が付いているのでテレビの有無に関わらず調査する必要があります。
ぐぬぬ
大家さんの意向でみたいな感じで迫ってきて強制点検のように思わせてきます。
個人的には火災報知器等の定期点検と同じレベルに感じました
こんな風に迫られたら大半の人はOKしてしまいそうです。

悪質な営業手口

最初のメンテナンスの返事をしなかったことによりこっちが悪いような雰囲気にさせて怒涛の営業が始まります。

私はネット回線もジェイコムではないですし、ケーブルテレビも契約していないのでジェイコムとは一切関係がありません。
なので点検される理由がどこにもないんですよね。
しかも、テレビも無いって言ってるのに電波強度の点検とかもう意味わからないじゃないですか。

冷静に考えるとあまりにも理不尽なのですが、最初から向こうは必須の点検なんだからきちんと返事しろよてきな感じで迫ってくるので冷静な判断ができずOKしてしまう人が多いと思います。

OKしてしまうと?

調べてみると、紙にはご希望の方には有料サービスの案内と説明と書いてあるのですが、ほぼ強制的に営業されるようです。
訪問販売で一番大変な家の中に入れてもらうがクリア出来た状態での営業なのでかなり強いですよね。

営業を断るのも一苦労だと思います。

一応名目通りの点検はしているので詐欺にはならないようですが、営業手口がかなり嘘に近く強引なので消費者センターにもかなりの数のクレームが上がっているようです。

対策

一番効果があるのがこの点検は任意ですか?強制ですか?と聞くことです。

流石に強制とは言えないようでこの質問をすると任意だと答えてくれます。
これだけで一発逆転して断る口実が作れるので後は「任意なら結構です」と断ってしまいましょう。

 

上手な断り方

それでは上記の対策を踏まえて断る会話をしていきましょう。

JCOM
前にメンテナンスの紙入れましたけど、返事くれました!? 返事くれないと困るんですけど。
ジェイコムに加入してないので返事していません。
JCOM
マンションで加入されているのでお宅だけ点検しないわけにはいきません。
ジェイコムのサービスも使ってないしテレビも持ってないから結構です。
JCOM
テレビが無くても調査が必要です。
テレビが元々見られないのにですか?
JCOM
家にアンテナ端子が付いているのでテレビの有無に関わらず調査する必要があります。
この点検は強制ですか?任意ですか?
JCOM
任意っすけど?(急に口調が荒い
任意なら結構です。
JCOM
あっそーっすか。 (イライラ
てな感じで撃退できます。
最後断るときにあからさまにイライラした感じでいなくなっていったので本当に腹が立ちましたが、家の中に入られるよりはよっぽどマシです。

まとめ

マンション住居者には必須の定期点検と思わせる悪質な手口で定期点検を迫ってきます。
あまりにもやり口が酷いので、これはほぼ詐欺だと言うことを周知する意味でこの記事を書きました。

知らないと本当に断れないやり口なのでみなさま気をつけてください!