マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

ラムダッシュES-LV7Aとブラウン9シリーズの比較

過去2回に渡りラムダッシュ同士の機能比較を行いました。
ラムダッシュes-lv7aとes-lv9aの比較
ラムダッシュ es-lv7aとes-lv7bの比較

今回は以前まで使用していたブラウンブラウン9シリーズ(9040S)と先日新規購入しましたラムダッシュES-LV7Aの比較をしてみたいと思います。
又、私はブラウン9シリーズの前はラムダッシュを使用していたので古いラムダッシュとの比較も混ぜて行きます。


剃り味比較

剃り味1番と評判のラムダッシュだけあってラムダッシュの方が短時間で深剃り出来ます。

肌への刺激比較

こちらはブラウンの9シリーズが9040Sの世代で大きな仕様変更があり大幅に強化された部分なのですが現時点(2016年8月)ではラムダッシュLV7Aの方も全く負けていません。
数世代前のラムダッシュは確かに肌荒れがすごく、深剃りと肌への刺激はトレードオフだったのですが、ラムダッシュにスムースローラー機能が追加されそのようなことが無くなってきました。


経済性比較

ラムダッシュ…外刃が1年、内刃が2年で交換が必要。 セットで約5,500円(2016年11月現在)
ブラウン…外刃、内刃一体型で1年半毎に交換が必要。 約5,000円(2016年11月現在)

洗浄液

ラムダッシュ…6個で1,500円程度(2016年8月現在)
ブラウン…6個で3,300円程度(2016年8月現在)

まとめ

洗浄液を購入するのであればラムダッシュ、洗浄液無しならばブラウンの方が経済性は高いと思います。
ラムダッシュはとにかく刃がすぐダメになります。

故障率比較

以前使用していた数世代前のラムダッシュは約3年間持ちました。
ブラウン9シリーズは11ヶ月目で故障(保証修理)その4ヶ月後にも故障し、約1年半でゴミになりました。
今回購入したLV7Aはまだ1ヶ月も使用していないのでなんとも言えませんが、ブラウンのフラグシップシリーズが1年半で2回も壊れているので不信感が強いです。

結論

以前は敏感肌にはブラウン、剛毛にはラムダッシュと言われていましたが、
現時点でラムダッシュよりブラウンが優っている点はほとんどないと思われます。
剛毛敏感肌の私が現行世代の2機種を実際に使用した結果の感想です。

敏感肌であれば深剃りを諦めてフィリップスなどを使用した方が間違いなくメリットが大きいです。