マツダ RX-8やスマートウォッチ、気に入ったガジェットについてのレビュー記事が沢山あります!

遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0+のレビュー【ダイエット、病気リスクなんでも分かる】

遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0+ をやってみました。
案件でもなんでもなく、素人がガチで実施してみた結果ですので楽しみにしていてください!

今回は最近ひそかなブームになっている遺伝子検査キットの中でも特に評判の良かった「GeneLife Genesis2.0+」で実施しています。
これでダイエットの推奨方法、病気のリスク、祖先などあらゆることがわかる非常に面白い商品です。

最近はお値段も手頃になってきましたので気軽に試せるようになってきましたよ!

遺伝子検査キットとは

世界各国の遺伝子調査結果(主に日本人、アジア人を対象)をもとに、本人の体質、性格、病気のリスク、祖先などあらゆることを評価するキットです。
日本の大手会社では100万人突破などと謳っていてじわじわとブームになってきている非常に注目の分野です。

遺伝子で本人のあらゆる情報がわかるなんて、未来っぽくてちょっと格好良いですよね。
2000年代前半では考えられなかったことが現実になってきています。

日本でも有名なところだけで10社近くが製品化しており、ここ1年くらいで非常にお求めやすい価格帯になってきています。
そろそろ遺伝子検査をするにはちょうどよい頃合いなのではないでしょうか。

肝心の精度は?

健康診断の結果とほぼイコールだったと精度を評価している人もいれば、全然当たっていなかったと評価している人もいて現時点ではまだまだ発展途上の分野だと言うことがわかります。
しかし、概ねポジティブな意見が多いのである程度信頼できるくらいの精度にはなっていると思われます。

私達のような一般消費者がこのキットを利用することでどんどん情報が貯まり、精度も上がってきますので先駆者として研究に貢献する意味も込めて使った方が進歩が早くなりますよ!

医療行為ではないので鵜呑みにしてはいけません。
医者の言うことが最優先になります。

 

 

遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0+とは

日本では非常に有名な遺伝子検査キット会社

ジェネシスヘルスケア株式会社が運営しています。
2004年に2人で立ち上げた会社でこの分野ではかなりの歴史があります。

GeneLife公式HP

第三者機関の認定も受けている

CPIGI認定を取得しているとのことである程度は信頼できますね。

遺伝子検査キットはさまざまな会社が実施していますが、第三者機関からの認定がないものも少なくありません。
そんな中きちんと認定をもらっていることは素晴らしいですね。

GeneLife(一部キットを除く)は、個人遺伝情報取扱協議会(以下、CPIGI)が消費者向け遺伝子検査サービスを行う企業・団体の事業を対象にした認定制度「CPIGI認定」を取得しています。
公式HPより引用

GeneLifeの遺伝子検査キットはたくさんある

  • 肥満タイプ、疾患リスクなどを広範囲に渡って調査するもの
  • 性格を調査するもの
  • 祖先を調査するもの
  • 肌の老化、筋肉について

などなど製品ごとにあらゆる分野について調査することができます。

その中でも「Genesis2.0+」が多項目を一気に検査できる一般的なものになるので一番最初はオススメです。

GeneLife Genesis2.0+とは

唾液で検査

唾液を専用の容器に入れて、郵送することで検査できます。
日本で発売されている遺伝子検査キットはほとんどがこの方法を取っています。

痛くもないし、手間もないしで非常にお手軽です。

検査項目が豊富

なんと360項目もの検査項目で
疾患リスク、身体的特徴、遺伝的傾向幅広く検査することができます。

しかも、食事や運動などのアドバイス付きです。

360項目は書ききれないので以下にジャンルだけ書き出しました。

  1. がん
  2. 内部疾患
  3. 栄養素
  4. 性別によるもの
  5. 循環器
  6. 泌尿器
  7. 耳鼻咽喉
  8. 体型、体格
  9. 呼吸器
  10. 骨、関節
  11. 口、歯
  12. 志向性、行動
  13. 祖先
  14. 消化器
  15. 皮膚
  16. 睡眠
  17. 神経
  18. 血液、免疫
  19. アレルギー
  20. 能力、体質
  21. 感染症(COVID-19 コロナの重症化リスクも検査できます)

 

いかがでしょうか。

これで不足してることってほとんどないと思うくらい充実してますよね。

全ての分野で広く浅くになっている

GeneLife Genesis2.0+は網羅的に検査できますが、広く浅くなので特に気になる部分がある場合はそれに特化した検査を再度実施することがオススメです。

 

検査の方法

検査はとっても簡単に実施できますが、どんな感じなのかイメージしていただけるよう、検査の流れをお伝えします。

1. 遺伝子検査キットを購入

Amazonや公式HPから遺伝子検査キットを購入してください。

2. 中身の確認

お弁当箱くらいの小さな箱が届きますので、開封します。

  • 同意書 (返送必要)
  • 専用容器(ジップロックごと返送必要)
  • 結果確認用のID,PW(Webで会員登録が必要)
  • 検査項目詳細
  • 返送用封筒
  • 手順書

などが入っています。

3. 会員登録と同意書への署名

手順書に従って専用サイトにアクセス

紙に記載されているID.PWを入力し会員登録を済ませてください。

また、同意書にボールペンで記入しておきます。

利用規約をきちんと読んだ上で同意できる場合のみ同意してください。

4. 唾液の採取

専用の容器の黒い線まで唾液を入れていきます。

青い部分がロートと保存液を兼用しています。

 

採取後は青いスポイトを抜き、蓋を閉める。
容器を数回ふって保存液と混ぜるだけです。

5. ポストへ投函

返送用封筒に同意書と専用容器を同封しポストへ投函します。

ある程度の環境変化、日数は問題ないようですが原則採取後即日ポストへ投函になります。

6. 結果を待つ

会員登録した専用サイトで現在のおおよその進捗が確認できます。
こまめに確認しましょう。

結果が出るまで大体1ヶ月くらいかかるとのことです。

私の場合は丁度3週間でした。
ちょっと遅い気がしてしまいますが気長に待ちましょう!

 

検査結果の確認方法

検査結果はスマホ、PCで確認が可能です。

PCの場合はWebサイトで確認

スマホの場合は専用アプリで確認

専用アプリのダウンロードはこちらから
App Store
Google Play

検査結果

リスクの高い疾病が一目瞭然

こんな感じで各項目ごとにリスクの高いもの低いものが一覧で出てきます。
これらをクリックしていくとあなたの遺伝子はこうだったから、リスクが高い/低いです。
こうやって対策しましょう。
みたいな感じで詳細結果とアドバイスが表示されます。

私の場合は胆のうがんのリスクが非常に高いので、定期的に人間ドックを実施しようと思います。
胆嚢は沈黙の臓器らしく気付いたときには手遅れな可能性があります。

肝心の検査精度は?

精度はそれなりと考えるとよいかと思います。
概ね正解そうですが、一部明らかに違うものもありました。

精度が高かったもの

  • 私の親族で糖尿病や高血圧、花粉症などの病気を患っている人が実際にいますので、これらのリスクが高いと言うのは割と合っているのかなと思っています。

精度が低かったもの

  • 私は身長が低く、痩せ型ですが、身長が高く、筋肉質な人と結果が出ています。
  • アルコール依存の可能性も非常に高いとのことですが、私はほとんど飲酒しません。
    飲み会であれば人並みに飲めますし、二日酔いになることもほぼありませんが…

ほどほどに信じるのが良さそう

まだまだ、発展途上の分野ですので全てを信じ切るのではなく、今まで考えたことがなかった病気のリスクについて見つめ直す機会と考えたほうが良さそうです。

私のように胆のうがんなど沈黙の臓器リスクが高いと出た場合は、いくら元気でも意識的に人間ドックなど検査をするようになるでしょう。
また、がん保険への加入を検討するかもしれません。

 

性格診断が超割安で実施できる

GeneLife Genesis2.0+を利用したユーザはスマホアプリ経由だとGenelife Myself2.0(性格診断)も実施できます。

通常14,900円がなんと4,900円で検査できますので大変お得です。

結果は即時確認可能

すでに遺伝子データは提供済みなので、購入後即時で結果を見ることができるんです。

こちらも後日記事にしたいと思いますので、お楽しみに!

スマートウォッチや家電などガジェット系の紹介をたくさんしていますので、よろしければ他の記事も見ていって下さい!
ガジェット記事一覧はこちら