【DIY】NCロードスター ブレーキキャリパー塗装

Car NCロードスター

耐熱のスプレー缶塗料を使用してNCロードスターのブレーキキャリパーを塗装してみました。

DIYとしては非常にお手軽で費用も2,000円くらいあれば足ります。

 

NCロードスター ブレーキキャリパー塗装に必要なもの

塗料

今までの経験上、サーキットでも行くわけではなければ耐熱塗料ではなくても大丈夫です。

耐熱塗料は色が少ないですし楽しみにくいので色にこだわりたい方はボディカラー用等をおすすめします。

【DIY】NCロードスター ブレーキキャリパー塗装
created by Rinker
ZEST(ゼスト)
¥1,773(2019/11/21 22:00:52時点 Amazon調べ-詳細)

シリコンオフ

シリコンオフをサボると本当に色が乗らなくなるので実質必須です。

【DIY】NCロードスター ブレーキキャリパー塗装
created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥809(2019/11/22 00:22:48時点 Amazon調べ-詳細)

ミッチャクロン

これがあると色が簡単に乗るようになり、中々剥げなく鳴ります。
DIYの場合は何度も乾燥させて色を塗ってが面倒なので使うと便利です。

【DIY】NCロードスター ブレーキキャリパー塗装
created by Rinker
染めQテクノロジィ(Somay-Q Technology)
¥1,309(2019/11/21 15:50:26時点 Amazon調べ-詳細)

刷毛

油性用にした方がいいみたいですが、プロ用なんかじゃなくて安いのでいいと思います。
塗料をスプレータイプにした場合は不要です。

【DIY】NCロードスター ブレーキキャリパー塗装
created by Rinker
アサヒペン(Asahipen)
¥465(2019/11/21 15:50:26時点 Amazon調べ-詳細)

金属ブラシ

サビを綺麗に落とせば落とすだけ綺麗に色が乗るので買ったほうがいいです。

フロアジャッキ

パンタジャッキだとバランスが悪く非常に危険なので買ったほうがいいです。

ジャッキスタンド(ウマ)

ジャッキだけで支点を支えるのは不安定なのでウマも必須でしょう。

NCロードスター ブレーキキャリパー塗装手順

1.ジャッキアップ

ジャッキアップしてタイヤを外します。

画像はありませんが、コルトのジャッキアップポイントは下記になります。

フロントはメンバーの中央

結構奥に深いので小さいフロアジャッキだときついかもしれません。

自分の場合はパンタでサイドを上げて空間を作ってから上げました。

リアは分かりやすく牽引フックになります。

2.金属ブラシで錆落とし

ワイヤーブラシを用いてとにかくゴシゴシ。

ここで妥協するかしないかで仕上がりが変わりますので丁寧に頑張りましょう。

3.マスキング

ディスク部分ははどうせ削れるのでマスキングは結構てきとうでも問題ありません。

ナットやネジ、ブッシュ類の結合部分にかからないようにマスキングしましょう。

じゃないとメンテの時にパキパキ割れて残念な形で戻ってくることになります。

4.下地作り

シリコンオフを湯水のようにぶっかけて布で綺麗に拭き取ります。

シリコンオフを完全に拭き取ったらミッチャクロンで下地をつくります。

この状態で10分くらい放置して下地作りは完了です。

5.塗装

塗料は一発で入らないので、塗っては数十分乾かす、を何度か繰り返します。
大体3回くらいやるときれいになってくるので面倒でも頑張りましょう。
ゆっくり何度も塗れば塗るだけきれいになってくるので気合が大事です。

 

【DIY】NCロードスター ブレーキキャリパー塗装
私はこんな感じで超厚塗り3度塗りで完了です。
近くで見るとムラだらけで酷いですが遠くから見る分には十分キレイです。

 

NCロードスター ブレーキキャリパー塗装総評

あまり目に見えない部分なのでかなり雑に塗装しても十分綺麗に見えるのでDIYとしては非常に簡単な部類に入ると思います。

スポーティ感も増して非常にオシャレになりますのでみなさまぜひチャレンジしてみて下さい。