【DIY】NCロードスター アーシング手順

NCロードスターのアーシングをDIYでしてみました。
やっても効果が無いと言っている人もいますが、実際にオーディオの音質、シフトフィーリングなんかは明らかに変わるので意味が無いことはないと思っています。
むしろコストパフォーマンスが最高のDIYだと思っています。
燃費向上なんかは数値には殆ど現れないのでそちらの方面の効果は全くわかりませんが…
さて、グーグル先生に聞いてみてもキットを購入し説明書通りにやっている方ばかりだったので
ボルトのサイズなどの詳細が載っていなかったので前車のゴルフより少し面倒でした。
今回は7カ所アーシングしたのでそれ用のやり方を書いていきます。
キットだと8ヶ所やってるものもあるみたいなのですがこれで十分だろうと勝手に納得してます。

用意するもの

・M6のナット(長めのもの)1本 自分は55mmを買いましたがもっと短くても問題なさそうです。
・M6のボルト1本
・M6のワッシャー7本位
KIV 8sqケーブル 7m位 予算に合わせて買って下さい。 14sqなど太いものだとより格好良いですが、工具の値段が跳ね上がります…
・上記ケーブルサイズに適したキボシの丸型端子14個
圧着工具 これが一番高いです8sq用でも4,000円くらいします。 
      しかしこれが無いとキボシ端子とケーブルを圧着させるのはかなり難易度があがります。
・M6のボルトが回せる工具、プラスドライバー、ラチェットレンチなどなど一式

ケーブルは8sqだと7mで2,000円くらい。 14sqだと4,000円弱になります。
太い方が格好良いですが効果は殆ど変わらないと思います。
自分は秋葉原にわざわざ買いに行ったのですが、
秋葉原で買ってもそこらのホムセンで買っても値段は殆ど変わらなかったのはちょっと残念でした。

ケーブルの作り方

ケーブルはアーシングヶ所ーバッテリー間を繋ぐのでそれの長さに合わせてカットします。
そして両端のビニルを切り取り、出てきた中の芯とキボシ端子を圧着させます。
最後に端子の繋ぎ目をビニルテープなどでぐるっと巻けばケーブルは完成です。

アーシングポイント

1箇所目 2箇所目

0dsadasda10.jpg
これは車左サイドにあるポイントです。
1箇所目と2箇所目を短く繋ぎ2箇所目からバッテリーまでケーブルを引き回しています。
キットでやった方の画像だとこうなっていたのでこれでもきちんとアーシング出来ているんでしょう。

3箇所目

0sadwger13.jpg
こちらは変わって右側のサイドにあるポイントです。
見つけやすいので困ることはないと思います。

4箇所目…オルタネーター

0dsadsadasdasgerw12.jpg
画像がぼけていてすみません。カメラの設定を間違えてました…
こちらはちょっと奥まった所にあるオルタネーターです。
エンジンの左下くらいにあります。
腕も工具も入りにくいのでちょっと苦戦するポイントですが一番効果があるらしい場所なので取り付けます。

5箇所目…スロットル

0hgkjygk11.jpg
こちらもピントがあってなくて申し訳ないです。
スロットルです。
ホースが邪魔でこちらも意外と苦戦しました。
自分の手持ちの工具だと回せないのでホースを止めている金具を外してから取り付けました。
ホースの金具を取り外すときは四角いボルトを落とさないように注意して下さい。

6箇所目 7箇所目…エンジンヘッド

0dsadsa05.jpg
エンジンヘッドです。
エンジンヘッドカバーはマツダマークの上下とボディ向かって右側の3箇所の爪で止まっているだけなのでちょっと力ずくで引っ張れば外れます。
折れそうで怖いですが大丈夫なはずです…
外すと出てくるエンジンヘッドの赤丸部分2箇所に取り付けます。
ここがケーブルの取り回しが難しく非常に苦戦しました。
これで7カ所のアーシングポイントに取り付けが完了です。

バッテリー側

00fsdfsdf9.jpg
最後にバッテリー側はこんな感じです。
買ってきたM6のボルトとナットに交換し、端子ーワッシャーー端子ーワッシャーの順番に付けて最後にボルトで止めるだけです。

完成!

0liliu14.jpg
完成後はこんな感じ。
今回は引き回しを綺麗にしようと頑張ったので割りといい感じではないでしょうか。
ケーブルが8sqなのでちょっと見た目があれですがそれでも十分です。
効果の程はオーディオの音質、シフトフィーリングくらいしかわかりません。
とは言えBOSEのドンシャリ、ノイズに加え、ノックバックの多かったシフトフィーリングが改善されたので満足度は高いです。

効果を感じなくてもデメリットはほぼ無く、しかも数千円で出来るので是非お試し下さい!



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る