RX-8で車中泊は出来るのか!? part1 計画編

みなさまこんにちは。
久しぶりのRX-8ネタです。

次記事
RX-8で車中泊は出来るのか!? part2 実践編

急に鬼からのお許しが出たので3連休を使って一人旅に行こうと計画しています。
しかし、我が家は貧乏!家族への投資ですら無い一人旅の資金は非常に限られています…
特にネックになるのが宿と燃費!

燃費はRX-8ではどうにもなりません。
今どきの車の4倍くらい燃料代がかかるのはどうしようもないんです!orz

それなら宿代を他の車の4倍削るしかありません!
宿代を最大限節約するべくキャンプか?車中泊か?車外泊か?と色々と考えた結果、RX-8での車中泊に挑戦することにしました。

なぜRX-8で車中泊を選択したのか

色々と比較検討した結果を書いてみます。

選択肢1.キャンプ場

世の中の殆どのキャンプ場ってキャンプを楽しむための場所なんですよ。
チェックインの時間も大体16:00位までと早い為、
夜にテント張りに行って寝るだけなんていうことが出来るキャンプ場は中々ありません。
又、オートキャンプ場なら一泊5,000円、フリーサイトなら1,500円が一般的な料金になっていて、
これならネカフェに泊まるのと変わりません。

※24時間出入り可能な管理人のいない無料キャンプ場は使用しています。

選択肢2.車外泊?

これはなんて呼んだら良いのかわからないのですが、道の駅や河川敷等で車の横にテントを張って野宿すると言う案です。
24時間出入り出来るキャンプ場があればキャンプ場も使えるハイブリッドな案ですよ。

※道の駅でテントは基本的に禁止?(グレーゾーン)のようなので命の危険でも無い限りやらない方が良いです。
※河川敷などは基本的に国など誰かの持ち物なのでこれも勝手に泊まるのは禁止?(グレーゾーン)のようです。
そうすると選択肢は無料キャンプ場に絞られてしまいますね。。。

キャンプ場と呼んでよいのか分からないようなキャンプ場であれば基本的に予約無しで勝手に使用できます。
ただ、数が少ないので通り道に丁度良くあれば使っていこうと思います。

選択肢3.ネットカフェ(漫画喫茶)やゲストハウス

これは価格も一泊1,000円から3,000円と安いのでそれなりに有力視して考えていました。
が、旅行先が変な場所だとこのような施設が中々ありません。
と言う訳で丁度良く泊まれればいいけど毎日となると大分時間的な拘束が出てしまうので、セカンドチョイスとしました。
通り道にあれば寄っていきたいと思います。

選択肢4.車中泊

泊まる場所に縛られない車中泊は魅力的です。
宿などの為に時間や移動の手間がかからないと言うのは旅行において非常に楽なんですよ。
しかも無料です!

しかし、RX-8で車中泊している記事が出てこなかったので今回この記事を書いてみました。

BRZは後ろがフラットになるのでトランクに貫通させれば普通に寝れるだとか、
ロードスターは助手席のグローブボックスの下(通常足がある場所)に頭を入れれば
横になって車中泊出来るだとか色々と情報が出てくるのですが…
つまり、RX-8の車中泊で何泊もするのは無理だと殆どの人が諦めているのでしょう。

と言う訳で私なりにRX-8で車中泊を実現する方法を考えてみました。

RX-8での車中泊案

結論から言うとこれしか思い浮かびませんでした…
リヤシートを外してトランクと貫通させるとか力技を使えば色々あるのでしょうが、
そういうことをするのは好きではないので純正仕様で出来る案を最大限考えました。

じゃじゃーん!

※サムネイルだと赤字が読みにくいと思うのでクリックして拡大してください。

助手席のシートを倒して、グローブボックスの下、腰の下に詰め物を入れる。
その上に車中泊用 or キャンプ用マットを敷く。

当たり前すぎてすみません…
でもこれ以外の方法は全く思い浮かびません…
しかも試しにやってみると意外と寝られそうな雰囲気は出てるんですよ。

という訳でRX-8で快適?最低限車中泊する為のグッズを考えてみました。

RX-8での車中泊に必要なグッズ

1.スペースクッション クレトム スペースクッション 1個入 Sサイズ 軽自動車用

助手席のグローブボックス下ペースを埋めるためのクッション(ビニール製)です。
RX-8の助手席幅は50cmくらいなので、軽自動車用がピッタリです。

2.ウインドーネットとサンシェード

冬の車中泊だろうが夏の車中泊だろうが一酸化炭素中毒を防止する為に窓は開けておかないといけません。
特に夏は虫との戦いになります。
又、ある程度のブラインドにもなるので、車中泊の大敵である人の視線も一緒に守ってくれます。
RX-8のフロントドアはそれなりに大きいのでこれのXLサイズを購入することにしました。
サンシェードは皆さんお持ちと思いますが私はこれを使っていますので一応載せておきます。

3.ピロー(枕) Hikenture エアーピロー

RX-8で車中泊をする場合、ヘッドレスト付近のオニギリが絶妙に頭の位置にくるので痛いです。
それを防止するために枕は必需品になると思います。

4.寝袋(シュラフ) コールマン 寝袋 パフォーマー2/C5

夏以外の車内は基本的に寒いくらいなのでシュラフも必需品になります。
車で使うので個人的には寝心地の良い封筒型がオススメです。
封筒型はマミー型よりかさばりますが、車ならあまり気になりません。

5.マット スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 9.0cm

RX-8のシートはホールド感が強く凹凸が激しいのでこの分厚いマットが良いと考えました。
しかもナチュラム製品だけあって安いです。

これである程度の凹凸を吸収してくれることを期待しています。
枕部分を使わなければ長さが165cmとなりますのでRX-8でも普通に使える・・・・・はずです。
一般的な車中泊用マットは190cm近いものが殆どでとてもじゃないけどRX-8には入りきらないと思われます。
尚、横幅が65cmなのでこれだけが心配です。

6.空気入れ コールマン デュアルアクションクイックポンプ

スペースクッション、ピロー、マットとどれも空気で膨らむものなので、
自動膨張機能があるとは言っても膨らみきらないことが多々あるようなので
空気入れはあった方が間違いありません。
本格的にキャンプをすることになったとしても役に立つであろう
安心安全のコールマン空気入れを買うことにしました。

7.旅のお供 ねんどろいど 狼と香辛料 ホロ

旅と言えば狼と香辛料、狼と香辛料と言えばホロと言う事で人生で初めてフィギュアなるものを購入してみました。
一人旅動画で良くねんどろいどと一緒にご飯を食べているシーンや、風景を背景にしてねんどろいどが写ってるシーンあるじゃないですか。
あれに憧れて今回購入してみることにしました。
恥ずかしくて人前で広げる自信がありませんが…

RX-8で車中泊は出来るのか!? part1 計画編 総括

今回はRX-8で車中泊(連泊)が出来るのか!?と言う計画案の記事になります。
実際に商品は注文したので到着したらどういうふうになったかお伝えしたいと思います。

次記事
RX-8で車中泊は出来るのか!? part2 実践編



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る