RX-8で車中泊は出来るのか!? part2 実践編

みなさまこんばんは。
前回の記事ではRX-8で車中泊をするための計画を立ててみました。

前記事
RX-8で車中泊は出来るのか!? part1 計画編

今回は有言実行し、商品を購入しましたのでその実践編となります。

RX-8で車中泊は出来るのか!?

結論から言うと普通にできます!
冬なんかはテントより快適です!
難点は寝返りが打てないこととホールド感が強すぎて腰にちょっとくることくらいです。

ただしエコノミー症候群防止等もあるのできちんと以下で紹介するようなグッズを揃えてから実施することをオススメします。

RX-8で車中泊する為に購入したグッズたち

1.スペースクッション クレトム スペースクッション 1個入 Sサイズ 軽自動車用

頑張って空気を入れるとこんな感じでパンパンになります。(口でやると死にます。 ほぼ空気入れ必須)
RX-8に入れてみるとこんな感じです。

サイズとしてはピッタリです!
実際にはパンパンまで膨らませると入らないのでそれなりに空気を抜きましたが、
足もこの上に丁度載せられるしイメージ通りでした。
IMG_20170910_152246 - コピー IMG_20170910_152250 - コピー

2.ウィンドウネット ウインドーネット 2枚入り 虫よけ 車用網戸 リアドア用 遮光サンシェード 日除け(サイズ:126×52cm)

サイズはバッチリでした。
因みにマジックテープも付いていたので車内のダッシュボード等にマジックテープを貼り付ければもっと綺麗にはれます。
意外と中が見えてしまいますが、夜なら全く問題ないでしょう。
値段も安くて2枚組とお得感があります。

3.ピロー(枕) Hikenture エアーピロー

すみません。今回は使用するのを忘れました…
小さすぎて見落としてしまいますね。orz
後日我が家にコールマンの枕が届いたのですが収納時のサイズが本当に5倍くらい違いました。
コールマンの枕は全然コンパクトにならないのでHikentureの枕はおすすめです!

4.寝袋(シュラフ) コールマン 寝袋 パフォーマー2/C5

予想通りではありますが封筒型なので少し大きいです。
足の部分を余らせてグローブボックス下に畳ませる感じにすると丁度よいです。
本当はマミー型の方がRX-8にはフィットすると思いますが、私が耐えられないのでこうなっています。

5.マット スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 9.0cm

空気を膨らます前の状態ですがこんな感じになります。
このベッドの枕部分は折りたたんであります。 実際に使う際も膨らます予定はありません。
最大9cmまで膨らみますが、そこまで膨らませるとグローブボックスの下に足が入らなくなるので膨らませ過ぎに注意です。

6.空気入れ コールマン デュアルアクションクイックポンプ

写真は撮っていませんが想像以上にでかかったです。 予想外でした。
RX-8の貴重な収納スペースが結構専有されるのでロードバイク用の携帯ポンプの方が良いと思います。

7.旅のお供 ねんどろいど 狼と香辛料 ホロ

とりあえず写真を撮ってみました。
顔や腕が何本もあって好きな風に組み替えて使うんですね。
小さいパーツが多く、すぐに取れるので旅先でなくならないか不安です…
しかも意外とでかい。

旅の途中にこれを使って写真を撮る気力も時間も中々作れないのでねんどろいどの出番が今のところ一度もありません…

RX-8で車中泊 総括

結構快適に出来ます!
ライフログ的にも家で寝てるのと同等の快眠と数値で表してくれています!
快活CLUBの6時間制限や8時間制限を気にしなくて良い分、旅行がスムーズに進められるので今ではRX-8での車中泊がファーストチョイスになっています。

旅行は運転していて楽しい車で行きたいけどRX-8で車中泊やキャンプは厳しいなぁと思っている人が居たら是非参考にしてみて下さい!



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る