マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

RX-8の燃費【所有している私が実際の燃費を公開】

RX-8に興味を持っているけど燃費が心配な方も多いと思います。
今回はそんな方の為に実際にRX-8に乗っている筆者が燃費を公開します!


RX-8(ロータリーエンジン)は燃費最悪?

これはロータリーエンジン車に乗っていると真っ先に皆から言われることです。
RX-7の頃の印象が強いようで私も3Km/Lしか走らないみたいなことをたくさん言われてきました。

RX-8はそこまで極悪燃費ではないので安心してください!

RX-8のカタログ燃費

  • AT全グレード : 9.0Km/L (筆者の車はタイプEなのでこれに該当します)
  • MT(ベースグレードを除く全グレード) : 9.4Km/L
  • ベースグレードのMT : 10.0Km/L

全車種ハイオク指定

カタログ燃費は上記のようになっていて意外と燃費がよい車なんですよね。
今となっては信じられませんが、実際RX-8のリヤガラスには低排出ガス車のシールや燃費基準達成車のシールが貼られているエコカーだったのです!


実際のRX-8の燃費

e燃費のグラフを引用

私は2016年3月にRX-8を購入したのでそこから2020年8月までの記録になります。
大体4年半分の記録ですのでそれなりに正確な平均が取れているのではないかと思います。

サーキット走行等燃費が異常に落ちる走行はしていませんし、街乗りから長距離旅行まで幅広く利用した平均値なので一般的なユーザにかなり近い使い方になっていると思います。

満タン法での計測となります。

平均燃費

私のRX-8の平均燃費はなんと…7.04Km/Lでした!

カタログ燃費が9.0Km/Lなのを考えると結構良い値出てますよね。
私が特に低燃費な訳ではなく同車種平均もこれくらいなので大体一般ユーザくらいの燃費になります。

街乗り燃費

渋滞に巻き込まれ続ける一般道を走ると5.0Km/L-6.0Km/Lくらいの燃費になります。

アイドリングストップは燃料カット機能がRX-8には搭載されていないので停車中でもガンガンガソリンが減っていってしまうので一番向いてないシチュエーションですね。

常に渋滞に巻き込まれる人はエンジン油温が100度くらいになりますし、燃費も最悪なのでRX-8はあまりオススメしません…

郊外走行での燃費

渋滞のない国道など40Km/h-60Km/hくらいのペースで走り続ける場合は7.0Km/L-8.0Km/Lくらいの燃費になります。

これくらい走れば今の時代でもギリギリセーフくらいの燃費ではないでしょうか。

高速走行での燃費

空いている高速道路で2,000回転くらいを維持しつつ80Km/hくらいのペースで走り続ける場合は9.0Km/L-11.0Km/Lくらいの燃費になります。

高速道路での走行ではカタログ値を超える燃費で走ることが結構かんたんです。
(せっかくのロータリーエンジンを回さないと言う覚悟が必要ですが)

RX-8では燃費がネックで遠出を避ける人もいるかもしれませんが、遠出の燃費は現代でも通用するくらいの値を叩き出せるのでガソリン代は意外と気になりません!

まとめ

いかがでしょうか。
RX-8はハイオク指定ですし今の車と比べたらリッター一桁台なんてあり得ない燃費だと思いますがそこまで極悪燃費ではないですよね。

ガソリン代を冷静に計算してみたときにプリウスなどの超低燃費車と比べても一般的な走行距離であればなんとかなるくらいの差額にしかならないと思います。

燃費がネックで購入を諦めている方はぜひこの実際の燃費を見て、どうするか判断してみてください!
走りの楽しさは最高の車ですよ!

 

他にもたくさん車のパーツレビューをしているので、よろしければ他の記事も見ていってください!
パーツレビュー一覧はこちらから