RX-8後期 odula RS specマフラー レビュー

Car RX-8後期 odula RS specマフラー

マフラー到着から2週間。
家で毎日のように文句を言われていたデカ箱君ですが、車の一ヶ月点検に合わせてディーラーで取り付けて貰いました。
RX-8は中間パイプも一緒に交換する必要があるので普通の車より高額のようでした。

odula RS specマフラー RX-8後期用 取り付け準備

マフラーエンドと中間パイプのガスケットは付属しています。
中間パイプも勿論付属していますので特に用意するものはありません。

触媒と中間パイプ部分ははめ込み式のようでガスケットが不要でした。
個人的にかなり心配していた部分なので誰かのためになればと書いておきます。

odula RS specマフラー RX-8後期用 取り付け【ディーラー】

RX-8後期 odula RS specマフラー レビュー
正面から
RX-8後期 odula RS specマフラー レビュー
下から
RX-8後期 odula RS specマフラー レビュー
斜めから

工賃は12,000円でした。

ディーラーは作業難易度ではなく時間で料金を取るシステムなので作業によってはショップや整備屋さんより安くなる可能性があります。

マフラーがボディから飛び出ていると規制に引っかかるようなので、RX-8後期用はどれも奥まっています。
エンドもφ80とそこまで大きくないので、バリバリのスポーツカーと言う印象はありません。
RX-8らしい感じですね。

odula RS specマフラー RX-8後期用 レビュー

音が素晴らしい! これに尽きます。
今回はマフラー(サイレンサー)のみの交換で他はドノーマルなのですが、エキマニや触媒も一緒に変えたかのような素晴らしい音が出ます。
ウールレスらしく非常に乾いた音ですよ。
youtubeなんかで聞くよりもずっと音質が良かったので大満足です。

音量はなんと91db! 流石ウールレス!
家の周りでは相当静かに乗らないと苦情待ったなしです。
この音量は2010年規制前の車でしか間違いなく味わえませんね。

エキマニ、触媒を変えるとほぼ間違いなく音量がアウトなので気をつけたほうが良いです。
純正のインナーサイレンサーが発売されるくらいですので。

2018年1月10日追記
劣化が進んでいるようで取り付け2年弱で近接排気騒音が95dbまで上昇していました。
私のRX-8は2010年の規制前なので96dbまでOKですがかなりきわどい値です。

odula純正のインナーサイレンサーが発売されていますので予防措置として購入、取り付けすることにしました。

RS-Specマフラーはもともとインナーサイレンサー用の穴が空いていますので、加工無しでかんたんに取り付け可能です。
また、2010年規制前の車であればボルト止めでOK(ディーラー、陸運局ともに)と回答を貰えました。