マツダ RX-8やスマートウォッチ、気に入ったガジェットについてのレビュー記事が沢山あります!

RX-8 ウェルカムランプ交換方法【LED化】

DIY

RX-8 ウェルカムランプ交換方法を解説します。
ウェルカムランプは特に明白な用途があるわけではないのですが、やっぱりLEDになるだけで高級感がかなり増します。
工具不要で簡単に交換できるのでぜひ皆様もチャレンジしてみてください!

RX-8は車が古いので殆どが黄色いハロゲンランプが使われていますよね。
これが流石に古臭いし全然明るくないしで少し格好悪いので色々な場所のライトをLED化してみることにしました。

今回は第六弾としてウェルカムランプの交換です。


RX-8 リヤナンバー灯のサイズ、規格

T10
と言うLEDになります。(写真上のPIAAの方です)

必要なもの

ウェルカムランプ

安心と信頼の大手メーカーから出ているPIAAのLEDを私は選択しました。
このLEDは値段もお手頃で品質と価格のバランスが良い製品だと思います。

中華製は爆光で安いのですが、基盤が溶けたり、ありえないほど光熱なので運が悪いと車が溶ける可能性があります。
また、外れも多くすぐに球切れしたりします。
個人的には何度も交換する方が面倒くさいのでそれなりに信頼できる製品をオススメします。

RX-8 ウェルカムランプ交換方法

ランプカバーを外す

かなり怖いですが、力技でバキバキと外していきます。
ミラーの端だけを持って外そうとすると割れそうなくらいたわむので、手のひら全体をミラーの内側に入れてゆっくり外して行った方が安全です。

LEDの取り外し、取り付け

ウェルカムランプはソケットごと斜めにハマっているので引っ張り出します。
ランプ自体はハマっているだけですので、普通に外して交換すれば完了です。

LEDは向きがある可能性があるので、この状態で点灯確認し問題ないことを確認してください。

完成

後はもとに戻して作業完了です!

 

Before After

LED取り付け前

LED取り付け後

どこも照らさない黄色くて暗いウェルカムランプが、真っ白で光量十分なLEDに変身しました!
これだけ明るいと鍵を閉め忘れることがなくなります。

まとめ

RX-8のLED化の中では優先度が低いと思いますがなんと工具不要で交換できます!
一番お手軽に交換できる場所ですので、他の場所のLED化のついでに一緒に変えてしまってください。

他にもたくさん車のパーツレビューをしているので、よろしければ他の記事も見ていってください! パーツレビュー記事一覧はこちら