マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

RX-8 カーテシランプ交換方法【LED化】

DIY

RX-8 カーテシランプ交換方法を解説します。
RX-8のカーテシランプは非常に簡単に交換できるのでぜひ自分で交換してみてください。

RX-8は車が古いので殆どが黄色いハロゲンランプが使われていますよね。
これが流石に古臭いし全然明るくないしで少し格好悪いので色々な場所のライトをLED化してみることにしました。

今回は第一弾としてカーテシランプの交換です。


RX-8のカーテシランプのサイズ、規格

T10
と言うLEDを購入すれば間違いありません。
爆光を謳っているサイズが大きいものだと入らない可能性があるので、一般的なサイズのものにしましょう。

必要なもの

カーテシランプ

私は有名メーカーのPIAA製品を購入しました。

中華製は爆光で安いのですが、基盤が溶けたり、ありえないほど光熱なので運が悪いと車が溶ける可能性があります。
また、外れも多くすぐに球切れしたりします。
個人的には何度も交換する方が面倒くさいのでそれなりに信頼できる製品をオススメします。

変わり種だと高級車によくあるロゴが投影されるカーテシランプも発売されています。

内張り剥がし(小型)

ライトのカバーを外す際に小型の内張り剥がしか精密ドライバー(マイナス)が必要です。


RX-8 カーテシランプ交換方法

ランプのカバーを外す

内張り剥がしやマイナスドライバーを下の爪あたりに入れて持ち上げると簡単に取れます。
落ちるとすぐに割れるようなので下に布を引いておくか落ちないように気をつけながら取り外すとよいです。

既存の電球を抜く

既存の電球を抜きます。
ただハマってるだけなので硬いですが気合で引っ張ります。

電球がかなり熱いので手袋かドアを締めて電球が消えた状態で抜きましょう。
普通に触ると間違いなくやけどします。

LEDの取り付け

抜けたところにLEDを差し込みます。
向きがある可能性があるので点灯確認してから蓋を戻しましょう。

完成

あとは蓋を戻すだけで完成です。

 

Before After

LED取り付け前

色が黄色くて昔の車の感じが出てしまっています。
しかも全然明るくないので足元を照らす効果はほぼ無いです。

LED取り付け後

色も白くなりかなり明るくなりました。
100lmだと人によっては明るすぎと感じるかもしれませんので、もう少し暗い色でもいいかもしれません。

まとめ

電球の色が黄色から白になるだけでかなり車の印象が変わりました。
何より高級感が増すのでかなり満足度が高いです。
なぜ今までやらなかったのだろうと後悔しているくらいです…

手軽で簡単にできるのでぜひ皆様も試してみてください!

他にもたくさん車のパーツレビューをしているので、よろしければ他の記事も見ていってください! パーツレビュー記事一覧はこちら