マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

RX-8 フロントルームランプ交換方法【LED化】

DIY

RX-8 フロントルームランプ交換方法を解説します。
RX-8のフロントルームランプはドライバー一本あれば簡単に交換できるのでぜひ自分で交換してみてください。

RX-8は車が古いので殆どが黄色いハロゲンランプが使われていますよね。
これが流石に古臭いし全然明るくないしで少し格好悪いので色々な場所のライトをLED化してみることにしました。

今回は第二弾としてフロントルームランプの交換です。

 


RX-8のフロントルームランプのサイズ、規格

T10
と言うLEDになります。(写真の黒いPIAAの方です)
爆光を謳っているサイズが大きいものだと入らない可能性があるので、一般的なサイズのものにしましょう。

必要なもの

ルームランプ

私は有名メーカーのPIAA製品を購入しました。

中華製は爆光で安いのですが、基盤が溶けたり、ありえないほど光熱なので運が悪いと車が溶ける可能性があります。
また、外れも多くすぐに球切れしたりします。
個人的には何度も交換する方が面倒くさいのでそれなりに信頼できる製品をオススメします。

内張り剥がし(小型)

ライトのカバーを外す際に小型の内張り剥がしか精密ドライバー(マイナス)が必要です。

プラスドライバー

RX-8 フロントルームランプ交換方法【LED化】 7
created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥419 (2020/11/19 07:08:38時点 Amazon調べ-詳細)

ランプカバーがネジ2本で固定されているので+2規格のドライバーが必要です。


RX-8 フロントルームランプ交換方法

ランプカバーのネジを外す

サングラスホルダーを開けるとネジが2つ見えますので、ドライバーを使って外します。
ドライバーは「+2」がフィットしました。

ネジを外してもカバーが落っこちてくることはないので安心してください。

フロントランプカバーを外す

内張り剥がしを使ってランプカバーを外していきます。

写真2枚目の部分が爪のように作用していて普通に引っ張っても外れないようになっています。
内張り剥がしでこの爪のような部分を押しながら下に引っ張ることで外せます。

 

LEDの取り付け

ランプがつまみで固定されているのでつまみを回して引っ張ります。
写真2枚目のようにつまみ毎ランプが取れるので、引っ張って既存のランプを外しLEDに交換します。

私は空中でやりましたが、ランプカバーはカプラー1つでくっついているだけなので、やりにくかったら外してから実施しましょう。

完成

後はもとに戻して作業完了です。

 

Before After

LED取り付け前

既存のランプが全然明るくなくてあまり役に立ちませんでした。
色も黄色くて古い車の感じが出てしまっていますよね。

LED取り付け後

色も白くなりかなり明るくなりました!
きちんと下を照らしてくれるので夜の作業がものすごい捗ります。

まとめ

電球の色が黄色から白になるだけでかなり車の印象が変わりました。
なぜ今までやらなかったのだろうと後悔しているくらい高級感がアップしています。

手軽に交換できるのでぜひ皆様も試してみてください!

他にもたくさん車のパーツレビューをしているので、よろしければ他の記事も見ていってください! パーツレビュー記事一覧はこちら