toolsislandの手動式オイルチェンジャーのレビュー

みなさまこんばんは。
大分前に購入した商品ですが、手動式オイルチェンジャーで驚くほどオイル交換が簡単になる事実を皆様にお伝えしたく改めて記事にしました。
上抜きになるのでオイルエレメントの交換はしません。
エレメントの交換は結構面倒臭いので、2回に1回はディーラー等でオイル交換しエレメントもセットでお願いするのが一番楽だと思います。

DIYでオイル交換する為に必要なもの

・オイルチェンジャー…今回の主役toolsislandのオイルチェンジャーです。

・廃油処理箱…これを使うと使用済みオイルを家庭ごみで捨てられるようになるスグレモノです。
近くのGSなどで引き取ってくれなくも無いですが持っていくのが非常に面倒です。

・ジョウゴ…オイルを入れるのにジョウゴが無いとほぼ間違いなくこぼれます。
今回紹介するジョウゴは使い捨て出来るので個人的に気に入っています。
オイル=究極の油汚れになるので、使い捨てにしないとジョウゴ洗うのが大変です。

・エンジンオイル…お好きなエンジンオイルを購入して下さい。 高価格帯のオイルが通販だと半額近い値段で買えることもありますよ!
DIY最大のメリットです。

toolsislandの手動式オイルチェンジャー使い方

エンジンオイルの残量確認とオイルチェンジャーのチューブ挿入

DSC_0505.jpg
最初にオイルゲージでオイルの残量を確認しておきます。
次にオイルゲージを抜いてそこにオイルチェンジャーのチューブを差し込みます。

エンジンオイルの排出

DSC_0504.jpg
次にオイルチェンジャーのポンプをシュポシュポしまくってオイルを吸い出していきます。
一度吸える所まで来れば後は放置しつつたまにシュポシュポするだけで良いので意外と楽ですよ。
昔ながらの灯油交換と同じ要領です。
残念ながら公表値の1分4Lはほぼ無理だと思います。
実際にはちまちまとオイルが抜け続けるので10分以上かかります。

DSC_0507.jpg
抜けたのは大体3.7Lくらいです。(線1本で1Lと分かりやすい作りになっています。)
これだけ抜くのに大体10分かかりました。
まだ空気混じりでちまちま出てくるのですが一生終わらない感じなので切り上げました。

安い電動にしてしまうとまともに吸い上げないらしいので安物にするなら手動式のオイルチェンジャーがオススメです。

エンジンオイル注入

漏斗を使ってオイルを注入するだけなので詳細は割愛します。

廃油処理

オイルチェンジャーに溜まったオイルを廃油処理箱に入れて固まるの待てば作業完了です。
私はオイルチェンジャーはチューブだけ一応洗っています。
全部を家庭で洗うと大惨事になるので外に触れる部分だけ綺麗にすることをオススメします!

toolsislandの手動式オイルチェンジャーの総評

たった3,000円強のオイルチェンジャーで面倒なオイル交換が30分で出来るお手軽DIYになります。
普段入れているオイルにもよりますが、Mobile1などの1万円近くするような高級オイルを入れている場合は通販することで半額近い値段で購入できたりします。
上手くいけばたった1回で元が取れますよ!
本当に力も手間もかからないのでオイル交換DIYに挑戦してみて下さい。



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ

こちらの記事もおすすめ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPAM対策の為、全く日本語が含まれていないコメントは投稿出来ません。ご了承下さい。

Category

ページ上部へ戻る