マツダ RX-8タイプEやスマートウォッチ、気に入ったガジェットについて気ままに書いております。

【RX-8】GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02のレビュー

RX-8のタイヤ溝が3.0mmを切ったのでタイヤを新調しました。
と言う訳で早速新しいタイヤについてレビューしてみたいと思います。


RX-8のタイヤ選びについて

RX-8のタイヤ選び 前提条件

RX-8 18インチ純正サイズの225/45R18を履く想定で検討しました。

RX-8 タイプE 後期のタイヤの選定方法

私は街乗りメイン(旅行で峠道などを走ることはよくあります)で
サーキットには行きませんのでセカンドグレードと呼ばれるタイヤをメインに検討しました。

以下にRX-8で候補に上がりそうなタイヤの比較をしていますのでこちらも是非参照下さい。
RX-8のタイヤ比較

私が購入したタイヤ

私は最終的にGOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02 225/45R18にしました。

【RX-8】GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02のレビュー 1
created by Rinker
グッドイヤー(Goodyear)
¥12,166 (2019/10/25 06:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02 225/45R18を選択した理由

圧倒的なコストパフォーマンス

他のセカンドグレードのタイヤは概ね20,000円の中
EAGLE REVSPEC RS-02は1本12,000円弱!と破格です。

 

私はAmazonで購入しましたが、製造年が非常に新しく4本とも「2017年の47週目(11月20日の週)」のものが届きました。
購入したのは2018年1月10日だったので製造2ヶ月以内ですよ!
Amazonは何度買っても1年以上前のタイヤは届かないと言うレビューも見かけたので適切な在庫管理が出来ているので
新しいタイヤが届く可能性が高いのだと思います。

【RX-8】GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02のレビュー 1
created by Rinker
グッドイヤー(Goodyear)
¥12,166 (2019/10/25 06:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

安心の日本製

GOODYEARを冠していますが日本に工場は無く、
タイヤごとに色々な日本メーカーに製造委託しているようです。
EAGLE REVSPEC RS-02は住友ゴム製とのことでした。
DUNLOPのタイヤとほぼ同じと考えてよいようです。
因みにRS-02はDIREZZA DZ101のパターン違いとの噂もあります。

GOODYEAR(グッドイヤー)タイヤを履いてみたかった

自分はYOKOHAMA、PIRELLI、MICHELIN、BRIDGESTONEのセカンドグレードを履いたことがあります。
GOODYEARは今まで履いたことが無かったので一度体験してみたいなと思い購入しました。
量販店に中々置いていないので街でGOODYEARタイヤを履いている人も少ないですし。


ファーストインプレッション

セカンドグレードのスポーティタイヤとしては乗り味が非常に柔らかいです。
又、NEOVA AD07やRE050と比較した場合レスポンスが1テンポ遅く感じます。
その分乗り心地は良いのでまさにセカンドグレードのタイヤと言った感想です。

MICHELINのタイヤは限界を超えた時にいきなりスッポ抜ける感覚があり個人的には非常に扱いにくかったのですが、このタイヤはそのようなことが無く良い感じにコントロール出来そうな感じがあります。

グリップと乗り心地のバランスが抜群に良いのでRX-8を街乗り-グランツーリスモで使用しているユーザにはベストマッチに近いと思いますよ。
是非みなさん選択肢の1つに入れてみて下さい。

【RX-8】GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02のレビュー 1
created by Rinker
グッドイヤー(Goodyear)
¥12,166 (2019/10/25 06:00:11時点 Amazon調べ-詳細)
GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02公式サイトはこちら

外観

【RX-8】GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02のレビュー 1
created by Rinker
グッドイヤー(Goodyear)
¥12,166 (2019/10/25 06:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

タイヤ交換は自分じゃできないのでいつもお世話になっているショップでお願いしました。

RX-8はタイヤのような大型なものもなんとか積み込める収納力があるのでこういうときに超便利です。

レビュー

ドライグリップ

通常使用であれば全然問題ありません。

高速などでは少しぐにゃる感じがありますが、不安に感じることはありません。

ウェットグリップ

こちらは結構不安があります。

高速道路の接続部分や立体駐車場などのツルツルな路面で急アクセル、急ブレーキをすると結構滑ります。

雨の中ETCレーンで減速し、結構な勢いで再加速などと言った動作をするとグリップが失われることがあります。

今まで履いていたPS3やPOTENZA系のタイヤではこのようなことがなかったので結構焦りました。

静粛性

設計が古いタイヤなのでしょうがないかもしれませんが、かなりうるさいです。

私はロードノイズを気にしてもしょうがないと思っているので特に不満はありませんが、高速走行中に社内で会話などは結構不便かもしれません。

総評

概ね満足してはいますが、ちょこちょこと不安が残る結果となりました。

個人的には次も絶対これ!とはならないですね…

圧倒的な安さ、性能を考えると良くできているタイヤだとは思いますが、絶対的な性能が欲しい場合には別の選択肢が出てくると思います。

 

2年履いてみて(2018年-2020年)

溝の減り具合

2年で大体20,000km弱走行して残溝が5mmです。

新品のタイヤは8mmが標準なので20,000kmで3mm減った計算になります。

このペースだと寿命は30,000kmくらいです。

良くもなく悪くもなく一般的な寿命になると思います。

私のRX-8は完全純正なのでこれがごく一般的な減り方になるはずです。

20,000Km走行後の状態

乗り心地は劣化

20,000kmに近づくに連れて徐々にロードノイズが大きくなり、路面の凹凸もより拾うようになってきました。
新品当初と比べて大きく乗り心地の面では劣化が感じられます。

ドライグリップは良好

また、ドライグリップは一般走行では全然変化は感じられません。
まだまだ問題なく走ってくれそうです。

ウェットグリップは劣化

ウェットグリップは劣化が感じられます。
特に高速走行中の豪雨時などは水の排水が間に合わず怖い思いをすることがありました。

総評

タイヤとしてはドライグリップに特化しており、静粛性やウェットグリップは多少捨てているタイヤだと感じています。
ドライグリップに関して言えば最後まで非常に良好な状態を保ったまま寿命を迎えることができそうなくらい優秀です。

 

他にもたくさん車のパーツレビューをしているので、よろしければ他の記事も見ていってください!
パーツレビュー一覧はこちらから