NCロードスター AutoSock (オートソック)レビュー1【雪道編】

Car NCロードスター AutoSock

みなさまこんばんは

今回は雪道最弱級であろうNCロードスターに布製チェーンAutoSockを履かせて走ってきましたのでそのレビューをしたいと思います。
第一弾である今回は雪道で使用した際の評価になります。

第二弾の雪ではなく雨で使用した際のレビューはこちら
NCロードスター AutoSock (オートソック)レビュー2【ドライ路面編】

だいぶ前の出来事ですが、千葉でも5cmの積雪と言う大雪が降りました。
千葉県で5cmの積雪は立派な大雪でして、車はもちろん電車も含めて交通機関は完全に麻痺してしまいます。
NCロードスター AutoSock (オートソック)レビュー1【雪道編】

今回履いたチェーンはAutoSock ASK600になります。
ロードスターですと16インチ純正タイヤの205/50R 16にフィットします。

AutoSockとは

金属チェーン、樹脂チェーンに次ぐ第三の素材である布製チェーンになります。
非常にコンパクト且つ、装着も一番簡単で性能も抜群です。
他のチェーンと違い凍結路にも非常に有効でして、スタッドレスや他のチェーンよりも短い制動距離で止まります。
ただ耐久性がないことがデメリットになるチェーンです。

AutoSockの取り付け手順

AutoSockはその名の通りタイヤの靴下なので被せるだけで完了です。

詳しく説明すると以下のような流れになります。

1.タイヤの上半分に布を被せます。
2.タイヤ半周分車を進めて残りの半分に布を被せます。

たったこれだけで完了です!
多少ズレていても数十メートル走ってる間に勝手に中心が来るのであまり気にしなくても問題ありません。
樹脂製チェーンも簡単と言われていますが、比べ物にならないほど簡単です。

AutoSockの走り心地

NCロードスター AutoSock (オートソック)レビュー1【雪道編】  NCロードスター AutoSock (オートソック)レビュー1【雪道編】

ノーマル状態ではこの駐車場から出ることができませんでした。
が、Autosockを装着すると簡単に脱出できました。

我が家は丁度丘の上の様な場所に位置しており、行きは結構な下り、帰りは自転車を大半の人が押して歩くレベルの登りと試すには絶好の場所になるので早速試してみました。

下りは全く意識することなく運転できました。
雪だからとあまり意識しなくても普通に停車できますので怖さがありません。

登りに関しては坂道発進だと多少滑りながらの発進となってしまいました。
坂道手前から止まることなく走りきってしまう分には何の問題もなく走行できます。
これ以上、急な登りはなかなか見かけないレベルなので基本的に平坦な千葉ではまず問題なく使用することが可能かと思います。

AutoSockの耐久性

耐久性に難があると言われているAutoSockですが、雪道を走っている限りは殆ど摩耗しませんでした。
雪道を100Km程走って問題なかったので、年に数回しか雪が降らない地域であれば全く問題ないかと思います。

雪道以外でのレビューは次回行いますので是非ご覧になって下さい。
NCロードスター AutoSock (オートソック)レビュー2【ドライ路面編】